タニグチ

不動産家/徳島県出身/函館に移住/空き家、空き地の活用提案/古民家再生/茅葺屋根の家を仲間達と再生中/木こりの修行中/オモロイことをしていきたい/ポッドキャストはじめました『ハコネタラジオ』

ポッドキャストはじめました

ポッドキャストを聴くことにハマって聴きまくっていたら、はじめてしまった。元プロスノーボーダーの成田くんと2人でしゃべってますので、よろしければ〜。 https://open.spotify.com/show/5JiMqfn7TiUTTFTU9kaYxL?si=v4r3IfQFTKuLSqmQSrhG6Q&dl_branch=1

  • 9本

災害と繁栄 〜函館の歴史〜

函館の歴史は大火の歴史という人もいる。 明治時代というのは44年の歴史があるが、その明治だけでも19回も大きな火事、いわゆる大火にあっている。ほとんど2年に1回のペースだ。ようやく復興の兆しが見えた頃にまた大火に見舞われるというのを繰り返したのかもしれない。その当時の家というと今のように効率化された家ではないし、職人が一から作っていたから、家が1棟建つのも時間がかかったかもしれない。そうなるとようやく建て替えたらまた燃えるということもあっただろう。これによってかなり疲弊した

スキ
2

箱館から函館になってから

明治になり、すぐに函館の名前が定着した。 函館の中心は、函館山の麓エリアが中心となっていた。昔は、市役所、市立病院、丸井今井デパート等々、と所狭しと施設と住居がひしめき合っていた。これは、昭和の話だが、以前にお会いした女性が小さい頃、このあたりに住んでいて、休みの日になるとお父さんと映画館で映画を見て、デパートに行って、カフェに寄る、というのが休みのルーティンだったと言っていた。今や映画館もデパートもない。カフェは最近増えてきているが、昔の函館は東京と人口比で考えると同等の

スキ
1

函館という名前が定着するまで

ハコネタラジオ【ネタ15】UP完了! 前回までは五稜郭についての話だったが、箱館戦争が終了するとすぐに明治に突入。そのあとの函館の話をしている。ただ、箱館戦争だが、歴史としてはあまり重要視されていないが、実はとても重要な分岐点だったらしい。 箱館戦争はそこまで歴史上重要視していないという向きもあるそうだが、それは間違いで、『700年の封建時代終焉を告げるものである。戦史としても大規模な近 代戦の先駆けであり、特に軍艦による大海戦は日本最初のものであった。のちに軍 神と言わ

五稜郭について

ハコネタラジオ【ネタ14】UP!今回は、函館の話第2弾で五稜郭について話をした。 改めて五稜郭というものを調べてみると、結構知らないことも多いし、面白かった。 まず、五稜郭とはなんのためにあるのかというと、函館の奉行所のためのものだった。元々は、今の元町公園の場所にあった奉行所だったが、函館山の裏から上り、上から攻められる恐れや函館湾から大砲を打ち込まれる恐れがあるということになり、五稜郭を建て、奉行所を移すことになった。 そもそも江戸時代末期に移すことになったが、その

スキ
3

知らんけど

情報の虜となっているので、その情報を出しつつ持論を展開。しかし、検証はしていないので、勝手な感想、妄想がほとんど。なので、知らんけどってことで許してください。

  • 6本

空が焼ける?

『夕焼け』『朝焼け』 夕方になるにつれ、西の空が水平線の向こうから徐々に茜色に染まっていく。太陽も直視することすら難しいほどに光っていたのに、それもきれいな朱色の丸い別物のような太陽が現れる。 これがきれいに見えた時は心を奪われ、見惚れてしまうことだろう。 しかし、よくよく考えると焼けるという言葉を使ったということは、昔は空が茜色に染まる現象を畏怖すべき対象としてみていたのかもしれない。 今でこそ、夕日が海に落ちる光景を売りにしたカフェや展望台、施設じゃなくてもそうい

『進歩』=『適応』

進歩というのはしていなくて、社会の変化に適応して生きていっているだけ 上の文章は正確に聞きとったわけではないが、こういった内容のことを言っていた。どこで聞いたかというと最近どハマりしているポッドキャストのコテンラジオで、言っていた。 なんか最近、どんどん新しい技術が開発されていき、便利の追求をし続けている気がする。ある一定までは便利になったほうがいいという点と、これ以上は新技術が発明されても幸福度や満足度が変わらない点がある気がする。 それがもはや、今なのでは? 相当

『住む』より『暮らす』

最近読んだ本に書いてあった。その本は、 『幸せをお金で買う』5つの授業 通勤時間が長いほど幸福度が下がる 実際には、都会ではかなり長い通勤時間だとよく聞く。1時間や2時間は当たり前だと。満員電車なんかの映像もよく見た。乗車率120%とかなんとか。もはや溢れとるやないか、と思うけど、どうにか乗れるもんなんやな、と。あんな思いして通勤するんはしんどいやろな〜とも思った。 しかし、この本には、車で遠方から通勤するほうが精神衛生上よくない、とのことだ。都会の話が中心な感じはした

スキ
5

『今』を変えるには

自民党総裁選挙が行われる。なんかいつも以上に注目を浴びている。 「誰でもええやん」 が、当たり前だったのにちょっと流れが変わってきたかな。やはり、現在の状況が時の首相によって政策で変わることを肌で感じたからなんだろうか。 若者が選挙に興味行きつけのカフェのマスターが言っていたことが興味深かった。若い人が、今回の選挙に自分たちは投票できるのか、ということだった。ある程度の知識があれば、そんな訳ないだろ、ということになるかもしれないが、これはいい流れに思えた。 今までだと

スキ
6

木こり修行

アラフォーにして、急に山、木、林業に興味を持ってしまったフツーの人。なにがきっかけでなにをしていってるかの奮闘記。

  • 14本

修行!

前回、『体験』をしたが、ほんとにさわり部分だけ。本気で、木を切り、枝を払い、長さを出して玉切りをし、山からおろすという丸太として製材所に出せるレベルまでを自分でやりたい!と思い、岡田さんに足手まといなのを承知で、週一くらいで修行させてもらうことになった。 ほんま、ありがとうございます! とりあえず、まずは木の見分け方。どの木を切っていくか。この2枚の写真のように間伐がされていないと真っ暗な森。かたや間伐されていると下まで光が差している。この間伐後の状態にしていく。その為に

スキ
2

体験!

早速、木こり体験へ! 先日お会いした木こりの岡田さんのところへ興味のある数人で体験をしにお邪魔した。 まずは木をどうやって切り倒すかのレクチャーを受けました。詳しくはググってください!実際には、『受け口』という倒す方向に三角形?の切り込みを入れて、その反対側から『追い口』という受け口に向かってまっすぐ切り込みを入れていく。基本としてはこれになるらしい。 実際にやってみるとこれがまたうまくいかん!当たり前やけど。やっぱりチェーンソーはビビる!これは、ジェイソンのせいな

スキ
1

これからは林業?

最近、もっぱら林業に興味深々。 50,000円で講師に来てもらおうかな。 マジで。 自伐協クラウドファンディング 森林が国土の7割もあるのに 外国の大したことない木材ばかり使っている現状をどうにかしたいし、 林業やってみたい。 薪ボイラー、薪ストーブ、バイオマス発電で、地域内循環させたら、 いいことだらけだ。 大間対策にもいいかも。 言ってるだけじゃなく、行動としても。 #林業 #薪 #自伐型林業 #クラウドファンディング

スキ
2

地域の木材で庁舎を建てる

北海道の北部に位置する上川管内当麻町で、地元木材を使用した庁舎が建てられた。 しかも住宅の企画や構造を駆使して、コスト削減したとある。これでも耐震対策はバッチリだという。在来工法やトラス構造を使用している点も面白い。 住宅でも最近の主流は、輸入材を加工した集成材を加工したプレカットの木材で、大黒柱も無く、機械的に建築されていく。温もりを感じない家がほとんどだ。 ましてや、公共施設はほぼRC造で1mmも木を感じない。使われたのは、RCの型枠くらいだろう。最近のものは、申し

スキ
4

茅葺屋根の再生

受け継いだ茅葺屋根の家。自分たちでできないかなと思い立ってスタートした茅葺屋根再生。やればできるもんや。

  • 16本

かやぶきの家 まねきや

茅葺屋根の家は、武家政治時代に流行った瓦屋根は農家住宅では禁止された為、農家住宅の代表例らしい。 北海道には、150年の歴史しかなく、といっても文明の話ってことかな。アイヌやその他にもいたらしいし。とりあえず、日本の歴史にはない。ということは、本州で当たり前の茅葺屋根は入ってきていなかった。 アイヌの建てる『チセ』という建物にも茅葺屋根を使用しているが、どうやら施工方法が少し違うらしい。見た目としても日本古来のものは、屋根が一体化して見え、段差などはないものがほとんどだが

スキ
3

茅葺2日目

やはり、職人の朝は早い! 『かやぶきの家 まねきや』にあったルービックキューブ。バラバラだったのに完成している!実は茅葺職人の本間さんは、この茅葺屋根の家に泊まってもらっている。昨日、冗談で 「ルービックキューブあるんで完成させてくださいよ〜」 と言ったら、本当に完成させちゃったらしい!YouTubeを見ながら3時間くらいかけてやったらしい!集中力がすごいな!まねきやに来た子供達がみんなビックリ!一躍子供達のヒーローになっていた。みんなやり方を教えて欲しくて本間さん

スキ
4

1日目

昨日はあんなに降った雨が嘘のように晴れた!さてさて頑張るか! ちょっと早めに…と、思ったら、職人さんの朝は早い。 今日は、前回茅を葺いた部分の上部分を施工していく。まずは、茅の量が足りずに板金を差し込んだ部分を撤去し、丸太で足場を作る。 あとは、上にどんどんと茅を足していく。 それを竹で抑えて締めていく。実際は竹だと割れてしまうため、雑木を利用するらしい。ただ、なかなか手に入らないので、竹で代用する。 屋根裏と連携して竹の部分に縄を固定していく。 ただ縛るだけだと

スキ
1

点検からスタート

あいにくの雨!悩ましい! でも、茅葺職人の本間さん参上!フェリーは相当揺れたらしい…。ありがとうございます…。 気を取り直して!軽トラ1杯分の茅も積んできてくれた!それを早速下ろしてまずは現状の点検から。 茅が本来は、軒先に庇のようにある程度出っ張るものだが、だいぶ減っていて木材に水が当たるくらいになっており、しかも薄くなってしまっている。直接木材に水が当たることはかなり良くないということで、その部分まである程度の応急処置までできたらいいとのこと。 この角の軒先を直す

スキ
2

空き家の活用

函館の谷地頭町にある建物を取得し、活用に奔走

  • 11本

旧十二銀行の行く末

豊川町にある『旧十二銀行』 グリーンベルトに面した知る人ぞ知る古建築。 他人のブログから引用させてもらうと昭和2年建築で、昭和9年の大火には耐えたという。 ひっそりと佇んでいるが、とにかくカッコいい! 西部地区入口に門番として待ち構えているようにすら見えてくる。 その建物が解体されるのでは⁉️ という噂があり、いてもたってもいられない。 売る側にもそれは色々と思うところもあるだろう。 ただ、こういった歴史ある建物のこととなると、責任もあると思う。 ましてや街の経済のフ

スキ
2

焼き鳥『千羽』ついに解体へ

銀座通りを宝来町方面へ行き、高砂通りとの交差点の角にあるのが、 焼き鳥『千羽』。 https://goo.gl/maps/64b7PpCuBe9TUHf58 千羽の店主が高齢で、店も時々しか開けられていなかったことから、 昨年の秋口くらいからほぼ閉まっている状態だった。ご主人が亡くなってからも 奥様が一人で切り盛りしてきた店だったが、なかなかずっと続けていくというのは、 どこのどんな業種もそうだが、難しい。 そして、函館によくある建物は本人の所有だが、土地は別の人が所

スキ
1

新たなチャレンジ!

『谷地頭』 なぜか昔から谷地頭が好きだった。なんとなくの雰囲気なのだろう。市電(路面電車)の終電が谷地頭駅、その駅を降りてすぐ、町の中心に商店街があり、そこを抜けると函館八幡宮に通じる。通りの名前も表参道。境内に上がる階段の手間に鳥居が鎮座する。そして、その表参道から碁盤の目状に住宅街が続く。コンパクトなエリアでは、理想型ではないだろうか。 昔は、谷地頭にビール園もあり、外国人も多く住んでいたと聞く。その名残もあり、大きな区画割が多く、いまだに豪邸もチラホラ。借地が多いの

木の伐採 in谷地頭

谷地頭(番外編) 庭に樹木がいくつかある。ただ、1本寿命がきていて、隣の敷地に枝が伸びている危ないのがある。これを伐採したいな〜と思って、造園屋に相談したところ、結構いい金額の見積がきて、ちょっと…。 そこで、知り合いのお世話になっている林業家の岡田さんに相談したところ、知り合い価格でめちゃくちゃ有難い話をいただく! いつも大体お話させていただくだけだったので、マジの仕事、作業を見るのは初めて。(あ、茅を刈るのは何回も見た!というか、一緒にやった)やはり、プロの顔になる