ロゴ

エリア以外に客層を決める要素はあるのか

いつもお世話になっております。
コラムとしてお時間が空いてしまい申し訳ございません。ここ2週間ほど、かなりの量の申請をいただており、そちらの審査で手一杯でした…また今後は継続的な情報発信をしていきたいと考えています。

さて、先日のコラムではエリアによる客層の違いについて分析いたしました。

こちらに寄せられた声として、

・業種による違いってあるの?
・ジャンルによる違いはあるはず。きっと高級店は客層が良いのでは
・エリアで客層が決まってしまうのなら、大阪在住の私は死ねというの?

といったものが見受けられました。
そこで今回は、エリア以外にどのような要素が客層に影響を及ぼすかを、より一層深堀した形で調べていきたいと思います。

業種による違いはあるのか?

一般的によく言われるのは、「ハコはスタッフが近くにいるので本強等少なく、安全性が比較的高い」というものです。
こちらは本当なのでしょうか?
下記は業種別の平均客層評価をグラフにしたものです。

確かにヘルス・ソープの客層は若干良さそうに見えます。
また、客層が最も悪い業種はデリヘルでした。最もメジャーな業種が最悪という結果で、業界全体としての環境改善が期待されます。

ジャンルによる違いはあるのか?

下記はジャンル別の平均客層評価です。

まずマット店の客層の良さが目立ちます。これはおそらく受け身系のプレイが多いため、逸脱したプレイをしようとする層が少ないことが影響していると思われます。

また、個人的に注目したのは手コキ・オナクラの客層がそこまで良くない点です。求人では「衛生的・安全」と謳っているものの、実情としてルールを守らない顧客が一定数存在することは否定できないでしょう。

次によく言われる「高級・大衆・激安」の違いですが、高級より大衆のほうが(若干ではありますが)客層が良いようです。
これは、高級店では客層が二極化していることが影響していると考えられます。つまり、

・本当に高級に来れる層:きれいに遊ぶ
・背伸びして来店した層:料金の元を取ろうと過剰なサービスを要求する

といった事象が起きていることに起因すると思われます。

また、「ぽっちゃり」の客層の悪さは目を引くものがあります。もしこのコラムをご覧いただいているぽっちゃり系店舗のスタッフ様がいらっしゃいましたら、案内時の注意喚起等より一層の徹底をお願い致します。。

他に客層に対し影響する要素はないのか?

ここまで業種・ジャンルによる違いを見てきましたが、最後に「スタッフ対応」と客層の関係を調べたいと思います。

上記図を見ると、スタッフ対応と客層には明らかな相関があります。
これまで見てきた業種の差やジャンルの差より明らかな違いです。
つまり、業種やジャンルより、スタッフさんがしっかり対応をすることが、客層全体を底上げすることに直結するということが明らかになりました。

まとめ

・業種でいえばハコ(ヘルス・ソープ)が比較的安全
・業種ではマット店が比較的安全
・業種問わず、スタッフの対応で客層は変わる
・安全なお店を具体的に知りたい方は@musumeをご利用ください

@musumeではいただいたクチコミを基に、皆様のお役に立てるコンテンツを制作してまいります。
ご要望はお気軽にご連絡くださいませ。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

*なおエステ・アロマ系のデータもお出ししましたが、風俗系・非風俗系のジャンル分けは現在対応中であり、また、データ量も他業種に比べると劣るため、分析として不十分である可能性があります。皆様のクチコミをお待ちしております。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
女性による風俗店の完全招待制クチコミサイト@musume公式アカウントです。業界の女性に役立つ情報や、得られた知見などを発信してまいります。 https://s.musume.jp/review/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。