行動の一部にするのは難しい

ある日常にある行動パターンの一部を変更、定着させるために思考錯誤している。

行動パターンとは「歯磨き」をするタイミングです。

以前、noteにも書きましたが、長い長い歯の治療の旅に出ていました。
現在は、予防のために3ヶ月毎にクリーニングに通っています。

今では、歯科医のお墨付きももらえるほど、口内環境はベストな状態を保っています。
歯科医曰く「来た頃は、なんだったんだろうね??」と不思議がられるくらい。

より保つための提案されたのが、朝の歯磨きのタイミングです。

今では、当たり前なのかもしれませんが…
起きてすぐのタイミングで歯磨きをする。

ということです。

提案されるまで、知識としては知っていましたが、行動に移すことはなく。
朝ご飯を食べた後に行っていました。

なぜ行動に移さなかったのかの理由は…

・時間的余裕がない
・朝ご飯食べた後はどうするの?
・習慣化されていない
・歯磨き粉の味が朝ご飯時にも継続している

などなど、移せなかった理由はたくさんありました。

では、今回なぜその習慣を変えようと思ったのか。
理由は3つあります。

まず、1つ目は。

・来た時とは見違えるくらい良くなっている
・良い状態を知っていれば、もう前の状態に戻ることはない

と、歯科医に褒められた。というか今までの行動を評価された。ことが一番大きいです。

2つ目は。

起きて歯を磨き、ご飯を食べた後は「フロス」して「マウスウォッシュ」をすればいい。と、朝の歯磨きの具体的な行動を示してくれたことです。

3つ目は。

良い状態ではあるが、懸念が残っている歯があります。
これは、これからの行動によって、歯茎を切開しての洗浄、歯の半分抜歯、抜歯してインプラントという、聞くだけでもテンションの下がることが待ち受けているからです。

そうならないためには、提案されることは全てやろう!と思いました。

起きてすぐ歯磨きをするために、どうするかを考えました。

最初にしたのは、朝の行動の書き出しです。

・朝起きる
・犬に挨拶する
・トイレに行く
・犬と遊ぶ
・朝ご飯(お弁当)の下準備をする
・シャワーを浴びる
・化粧をする
・髪を整える
・朝ご飯(お弁当)を作る
・犬にご飯をあげる
・朝ご飯を食べる
・服を着替える
・歯を磨く
・ゴミの準備をする
・犬にお留守番のお願いをする
・外出する

これが、今までの平日の主な行動です。状況によって、順番や行わない行動があります。休日については、全く行わない行動もあります。

まず、この行動で目につけたは「シャワーを浴びる」でした。
住宅の構造上、お風呂と洗面台が隣接しています。
シャワーを浴びる前に歯磨きをしよう。と、決めて実践してみました。

しかし、問題が発生です。

必ずしも毎朝「シャワーを浴びる」訳ではなかったのです。
よって、この行動を行わなかった場合、歯磨きも一緒に抜けてしまい。結局外出前に歯磨きをするという前の状況になることもしばしば…

そもそも、朝の行動は流れとして習慣化しており、新たな行動を追加し、定着させるのは非常に難しいと実感しました。

が、ここであきらめるわけにはいかない。

次に考えたのが、「トイレに行く」です。
これは、ほとんど毎朝行います。よって、トイレの後に歯磨きをする。と決めて実践してみました。

今のところ、定着しつつあります。
恐らく、このまま定着すると思います。

もし、定着しなかったら…
次は、どこに差し込もう。
というか、リマインド機能を使って時間になったら音で知らせる。とかにした方がいいのかな…

今回のことで学んだのは、新たな行動を追加する場合、必ず行う行動の後に追加する。ということでした。
生活の一部となり、無意識で行われている行動ほど、習慣化難しい…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

\(^o^)/
2
2018年8月。約20年の会社員というステージから個人事業主というステージへ。 ココでは仕事のこと、今感じていること、好きなことを、好きなように文章にして発信していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。