見出し画像

アスノバ6月の活動の様子

こんにちは!

放課後等デイサービス アスノバです。

今日は6月に活動したレクリエーションの様子を、抜粋してご紹介したいと思います。

まずはじめは地震の避難訓練です。東日本大震災以降、全国各地でも大きな地震が起きていますが、今年は10年ぶりに東北でも大きな地震が続き、3か月に1度の訓練ですが、いざと言う時の為にはとても大切な機会だと思います。みんな「おはしも」の約束を守って、落ち着いて避難する事が出来ました。

※画像は一時避難場所であるアスノバ前の芝生スペースに避難完了して、点呼確認をしているところです。

画像3


続いてはドミノ倒しをして遊んでみました。みんなで協力してドミノや本などを並べ、大きなドミノコースを完成させました!集中して指先を使って並べたら、最後に「せーの!」でドミノを倒しました。次々と連動してパタパタとドミノや本が倒れ、ゴールまで倒れると「やったー!」と歓声が上がりました!

画像3

画像3


この日は工作活動で万華鏡作りをやりました。トイレットペーパーの芯等の廃材を活用し、色鉛筆でお絵描きしたり色画用紙をハサミで切ったり、のりで貼り付けしたり、自由なイメージでオリジナルの万華鏡作りをしました。カラーセロハン等の材料を筒の中に入れ、のぞき穴からのぞいてクルクル回すと、キラキラと変化する模様にみんな釘付けです。

スタッフの説明をしっかり聞き取って、手順を守ったり手先に集中して作業したり、オリジナルの万華鏡を完成させていました。

画像4

画像5


雲1つ無く天気が良かったこの日は、市民農園でお借りしている畑に行って、みんなで野菜の苗を植えて水やりをしました。普段、食べている物がどうやって作られるのか?、出来上がるまでどんなお世話をするのか?子供たちに体験してもらいました。

出来上がったら頃合いを見計らって、レクリエーション活動を通してみんなで収穫作業にも行っています。少し見ない間に大きくなった野菜達に、子供たちは驚いて喜んでいました!

画像6

画像7


最後にご紹介するのは調理活動です。この日はたまごサンドを作りました。そして、たまごと和えるマヨネーズも1から手作りしました!

普段口にしているマヨネーズはどうやって出来るのか、本当にお酢と油を混ぜて出来上がるのか、子供たちは不思議そうな顔をしながら、実験する様に混ぜていました。みんなで手分けして一生懸命混ぜていると、だんだん白っぽい色に変わって固まっていき、いつも見ているマヨネーズが出来上がると子供たちは「へぇ~」と納得していた様です。まさに「百聞は一見にしかず」ですね!

出来上がったマヨネーズはゆで卵と混ぜてパンにはさみ、手作りの美味しいたまごサンドにして食べました。みんな美味しかったねー!

画像8

画像9


以上、アスノバでの6月の活動内容をご紹介させて頂きました。

間も無く本格的な夏がやって来ますが、熱中症やコロナ感染に気を付けて、元気に遊びましょう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スタッフと療育環境が自慢の事業所です😊 ①アスノバ (放課後等デイサービス) 若林区荒井東1-8-4 G号室 022-762-8586 ②アスノバなないろの里 (児童発達支援・放課後等デイサービス) 若林区なないろの里1-19-4メデルなないろの里3階 022-762-9745