見出し画像

「100点主義」をやめよう!

こんにちは、明日香出版社の中の人です。

先日くしゃみをしたら舌をしたたかに噛んでしまい、
なかなか痛みが引かなくて困りました。
飲食に支障があるのはもちろんなのですが、意外と不便だったのが大きな声を出せないことでした。

舌のみならず、胃だったり歯だったり、体の器官って調子が悪いときにものすごく存在感を発揮してきますよね。
いつだか見た「無くして分かるありがたさ 親と健康とセロテープ」という言葉を噛みしめました。


さて、タイトルの通りなのですが

なんでも100点を取らないと気が済まない人、いますか?

仕事を真面目に突き詰めるタイプと言えば響きは良いですが、
一方で「仕事を抱え込んでいる」「スピード感が無い」なんて評価を受けてしまうことも。


そんな人の悩みの解決策を、今回はこの本で少しご紹介します。

画像1

『「段取りが良い人」と「段取りが悪い人」の習慣』

著者は現在「株式会社ヴィタミンM」の代表取締役を務めている
鈴木真理子先生。
8月28日(金)付けで「STUDY HACKER」に寄稿もされました。


①ぜんぶ満点じゃなくていい


仕事の中には「100点が必要なもの」「80点でいいもの」の2つがあります。


何もかも完璧にやろうとすると、時間がいくらあっても足りないですし、
がんばった割に評価が出なくて心がしんどくなってきます。


特に力を抜いて良いのは「一人で行う定型業務」。
たとえば
・パワポを作る
・伝言メモを書く
・報告書を作る
など。

文章の構成や字の美しさをとことん追求すれば、もちろん高品質なものができます。

しかしこれらについて、相手は過剰に高いクオリティーを要求していません。それより求められているのはスピードです。
(報告書の場合だと)詳細まで精巧に書き連ねず、要点をA4用紙1枚にガッとまとめたものでいいのです。


「仕事はパスを回すことが大事」なんて聞いたこともありますが、
仕事で大事なのは素早く返事をして次の担当の人(上長など)にボールを渡すこと。
しかもボールは、時に何個も来ます。
大量のボールを抱えたままだと、ゲームはなかなか進みません。


ちなみに「自分が専門職で、周囲や上長が素人」といった
100点要求率高めの少し特殊なシチュエーションで働いている人も
力の抜き方のノウハウは同じです。
定型業務はスピード勝負でこなしていきましょう。

②やめる勇気


「80点主義」を実行するのに必要なのはズバリ
「やめる勇気」
です。

そのためにはまず、
・書類作成は30分
・パワポは60分
などと、作業それぞれに投入時間を設定し、時間内に終わらせるようにしましょう

時間を設定したら、スマートフォンのタイマー機能を使ってカウントダウンをしていくのも手だと思います(個人の意見ですが)。


段取りよく仕事ができる人は「時間ありき」でものを考えているので
仕事を80点の状態でやめるためのボーダーラインと
それを実行するための勇気を持っています。
あきらめるのも、段取りのうちのひとつです。


「中途半端」イコール「プロ失格」ではありません。
それぞれの仕事に適量の労力をかけるのが、プロのやり方です。

③考え方のクセを直そう


個人の意見なのですが、
何もかも100点を追求してしまいたくなってしまう人には
「小さい頃から勉強を頑張ってきたタイプ」
が多いんじゃないかなと思っています。

「まだまだできる」「もっとできる」と発破を掛けられて自分を追い詰めて突き詰めて、
その結果、学生としてはそれなりの地位を手に入れたけれども
社会に出たら何かがおかしい、なじめない。仕事が回せない。
挙げ句の果てには「学歴があるのになんだアイツは」なんて言われてしまう……。

まあ私のことなんですけどね!
自分自身、とてもしんどい時期がありました。


自分として100点の仕事をしたつもりでも
相手のところに持って行くと価値観の違いなどから評価は0点、イチからやり直し。なんてこともあります。まあまあショックです。

それよりもまずはサクサクこなして、修正要求があったらサクサク直すこと。
これが大切なんじゃないかなと、考えます。


今回は直球で言及しているところを選びましたが、
このほかにも「仕事を抱え込んでしまう完璧主義タイプ」の方に役立つノウハウが満載なのがこの本です。
「100点の呪縛」から解き放たれる人がひとりでも増えてくれると嬉しいです。

次の小見出しでは、実際にこの本の目次を公開します。

④当てはまるもの、ありますか?

今回取り上げた『「段取りがいい人」と「段取りが悪い人の習慣」』
に掲載されている50のノウハウを紹介します。

それが以下の通り。
自分に当てはまるものはありますか?


①基本 編
「段取りが良い人は全体をとらえ、段取りが悪い人は部分だけをとらえる」
「段取りが良い人はすぐやらず、段取りが悪い人はすぐやる」
「段取りが良い人は80点主義、段取りが悪い人は100点を狙う」
「段取りが良い人は順番を破り、段取りが悪い人は順番を守る」
「段取りが良い人は基本を大切にし、段取りが悪い人は応用したがる」

②優先順位 編
「段取りが良い人は重要度を優先し、段取りが悪い人は緊急度を優先する」
「段取りが良い人は本来業務に集中し、段取りが悪い人は関連作業に追われる」
「段取りが良い人は面倒な仕事が先、段取りが悪い人はやりたい仕事が先」
「段取りが良い人は割り込み仕事を後回し、段取りが悪い人は割り込み仕事をすぐやる」
「段取りが良い人は社外の仕事に時間をかけ、段取りが悪い人は社内の仕事に時間をかける」
「段取りが良い人は相手優先、段取りが悪い人は自分優先」
「段取りが良い人はやらないことを決め、段取りが悪い人はやることを決める」
「段取りが良い人は即決断、段取りが悪い人は優柔不断」

③スケジュール管理 編
「段取りが良い人はミニ締め切りで進捗管理し、段取りが悪い人はデッドラインで管理する」
「段取りが良い人はやる時間を決め、段取りが悪い人はやることだけを決める」
「段取りが良い人は締め切りを守らず、段取りが悪い人は締め切りを守る」
「段取りが良い人は時間と仕事の相性を考え、段取りが悪い人は無頓着」
「段取りが良い人はスキマを埋め、段取りが悪い人はスキマを空ける」
「段取りが良い人は自分にアポを取り、段取りが悪い人は他人とアポを取る」
「段取りが良い人はがんばらず、段取りが悪い人は全力投球する」
「段取りが良い人は間隔を決め、段取りが悪い人は感覚で決める」

④コミュニケーション 編
「段取りが良い人は希望を伝え、段取りが悪い人は言いなりになる」
「段取りが良い人は他人の予定を押さえ、段取りが悪い人は自分の予定を押さえる」
「段取りが良い人はこまめに止まり、段取りが悪い人は突っ走る」
「段取りが良い人は甘え、段取りが悪い人は自立する」
「段取りが良い人は社内の人と円滑に仕事をし、段取りが悪い人は行き当たりばったり」
「段取りが良い人は話が短く、段取りが悪い人は話が長い」
「段取りが良い人は会議の前に準備をし、段取りが悪い人はなんとなく会議に出る」
「段取りが良い人は利他的、段取りが悪い人は打算的」

⑤効率UP 編
「段取りが良い人はパソコンの便利な機能を使い、段取りが悪い人はタイピングの速さを自慢する」
「段取りが良い人はメールを省略して書き、段取りが悪い人は丁寧に書く」
「段取りが良い人はメールをラクして書き、段取りが悪い人は時間をかける」
「段取りが良い人はすぐに捨て、段取りが悪い人は大切に保管する」
「段取りが良い人はスッキリ、段取りが悪い人はぐちゃぐちゃ」
「段取りが良い人は仕事を流れるように進め、段取りが悪い人は中断する」
「段取りが良い人は朝型人間、段取りが悪い人は夜型人間」
「段取りが良い人は見た目がきまり、段取りが悪い人はダサい」

⑥改善・見直し 編
「段取りが良い人は頭がやわらかく、段取りが悪い人は頭が固い」
「段取りが良い人はPDCAを回し、段取りが悪い人はKKDに頼る」
「段取りが良い人はミスを活かし、段取りが悪い人は同じミスを繰り返す」
「段取りが良い人は時間満足度を計測し、段取りが悪い人は感覚に頼る」
「段取りが良い人は1時間以内で勝負をし、段取りが悪い人は時間無制限の勝負をする」
「段取りが良い人は簡易版マニュアルを作り、段取りが悪い人は百科事典のように作る」
「段取りが良い人は忘れっぽく、段取りが悪い人は記憶が良い」

⑦これからの働き方 編
「段取りが良い人はどこでも仕事をし、段取りが悪い人は自席だけで仕事をする」
「段取りが良い人は環境を変え、段取りが悪い人は環境に合わせる」
「段取りが良い人は諦め、段取りが悪い人はオール5を目指す」
「段取りが良い人はAIと仲良くし、段取りが悪い人はAIを敵にする」
「段取りが良い人は休みの予定を先に入れ、段取りが悪い人は暇になってから休む」
「段取りが良い人は人生に優先順位をつけ、段取りが悪い人は仕事に優先順位をつける」


この記事が参加している募集

習慣にしていること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださりありがとうございました! 「スキ」でも「サポート」でも、 反響をいただけるととても励みになります……!

ขอบคุณ ค่ะ!
5
東京都文京区にある、ビジネス書と語学書が得意な出版社。 「営々黙々 花が咲くでも 咲かぬでも」をモットーに48年やっております。 弊社HPはhttps://www.asuka-g.co.jp/ ツイッターはhttps://twitter.com/asuka_pub からどうぞ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。