皆藤愛子さんネイタルチャート

Keiyatlong


プレバトでもおなじみのフリーアナウンサー・タレントの皆藤愛子さんのネイタルチャートです。ウィキペディアの情報に基づいて作成しました。時刻は分かりませんでした。

生まれる前の日蝕は射手座の11度台(数え12度)サビアンシンボルは「ときの声をあげる鷹に変化する旗」です。精神の秘密への関心とか、神秘を垣間見る意味があるそうです。天王星、ドラゴンテイル、金星も射手座ですね。外国に関することとか、形而上学とか、思想や信仰に関心があったり、そのような分野に革新をもたらしたい方なのかもしれません。冒険的なことが好きかもしれません。

太陽は水瓶座。自由を愛し、個人を尊ぶ感じでしょうか。ウィキペディアの記事に拠ると大学の第二外国語はロシヤ語(便宜症古風な表記に直しています)だったそうですが、水瓶座にはロシヤの意味もあると云われますね。これには射手座の天王星なども関係あるかもしれません。

蠍座に冥王星、月(天秤座の可能性も)、火星、土星がありステリウムですね。冥王星は蠍座の支配星、火星は副支配星です。蠍座のエネルギーがとても強いと思います。「梨噛んで潤う 両耳の鼓膜」なんて俳句は、いかにも蠍座的な要素かなと思います。真面目に考えると中耳炎になりそうとか思ってしまいますが。あと、誕生日を調べるために検索をしたら、セクシーさを感じているらしき方がいるらしい検索候補が出てきたのですが、蠍座的なセクシーさがあるのかもしれません。石井ゆかり先生の『石井ゆかりの星占い教室のノート』には


(前略)蠍座のセクシーっていうのは、「露出! 胸元バーン!」のセクシーではなくって、喪服とか、制服とかのセクシーです。
 見せないから「なんか見たい」となるわけです。ゆえに、どちらかというと清楚なイメージの方が多いです。(以下略)

『石井ゆかりの星占い教室のノート』
より

という記述があります。そんな感じがしますね。

山羊座に海王星、木星、水星。形而上学的なことや神秘をこの世的な形にすることができるということかもしれません。伝統的な感じのする山羊座(現代的と解釈する方もいますが)に水星が入っていることから、俳句などにも良さそうです。また、社会で有名人になっているわけですが、山羊座の木星が利いているのかなと思いました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!