見出し画像

今最も注目の事業再構築補助金について

皆さんこんにちは!

note見てるよーって言ってくださったりフォローしてくださったり…ありがとうございます!!
連続更新3日目行きますよ~

本日は「事業再構築補助金」についてお話します。

まず、補助金の大前提のお話から!

補助金って年間で何種類くらい出るか知ってますか?

正解は、約5000種類以上です。

それも国が出してたり、県が出してたり、市が出してたり…
とにかく色んな団体から発表されてるんですよ。

そんな色んな所から発表されるなんて、どうやって情報集めればいいの?無理だよ( ノД`)シクシク…って感じですよね。

そこで!補助金について知りたければアスタリスク合同会社に聞こう!!あいのやのnoteを見よう!

となれるように我々は日々最新情報の収集を行っております。

noteで補助金の最新情報を共有していきます☺

昨年12月に経済産業省から令和2年度第3次補正予算案の事業概要という今年発表されるであろう補助金の概要が出ました。(公式資料はこちらを参照ください

その中で弊社が注目しているのが冒頭でも申し上げた「事業再構築補助金」です。

もちろんまだ公募は始まっていないので詳細も出ていません。

しかし補助金は公募期間が短かったりするので、いかに早く情報を取り入れて動くかが勝負です。

公募が始まる前に知っているのと知らないのとではスピード感が全く違います。

なので今日はこんな補助金が新しく出るんだ~くらいの感覚で読んでいただけたら幸いです☆☆

公募の時期については数か月以内に始まると予想しています。

注目ポイントは
・金額が100~6000万円までと高額(実施する事業の予算2/3がもらえる)
・新分野ビジネス展開や今展開しているビジネスモデルの転換に使える
・申請はgBizIDの取得が必須

(gBizIDについてはこちらの記事を参照ください)

対象となるのは
1.申請前の直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前の同3か月の合計売上高と比較して10%以上減少している中小企業等。
2.事業計画を認定支援機関や金融機関と策定し、一体となって事業再構築に取り組む中小企業等。
3.補助事業終了後3~5年で付加価値額の年率平均3.0%(一部5.0%)以上増加、又は従業員一人当たり付加価値額の年率平均3.0%(一部5.0%)以上増加の達成。

と記載されています。
つまり、コロナで経済的ダメージを受けていてこれから新しい事業を始めるなら補助金が使えるので5年間の事業計画を立てていこうね!
ということです。

この補助金を使ってどんなことができるかというと
・実店舗で商品を売ってるけどECサイトを作成してネット販売を始める
・飲食店がテイクアウトサービスを始める為に店内の工事をする
・新商品を売り出すためにWeb広告を出す・チラシを作る
・ホームページを作って集客する 等
※あくまで現在の予想です

我々は制作会社なので例えがWeb制作に寄りがちでごめんなさい。。

他にも研修費や技術導入費も含まれるのでできることはいっぱいあると思われます٩( ''ω'' )و

詳細が出たら要項を読み解いた記事も出す予定なのでお楽しみに♪

という感じで本日は事業再構築補助金についてお話しました。

次回は最もスタンダードといっても過言ではない「小規模事業者持続化補助金」についてお話します!

今日のおまけ(^_-)-☆
年末にふるさと納税をしました。
我が家が選んだのは大量のトイレットペーパーとホルモン焼き。
そして今夜の晩酌のお供はホルモン焼きでございます🍻
楽しみでワクワクです(*^-^*)


最後まで読んでくださりありがとうございました!
それではまた次回(@^^)/~~~

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
そんなものじゃ、あこがれはとめられねぇんだ。
7
補助金研究科|日本一わかりやすい補助金解説|アスタリスク合同会社|代表社員|補助金とWeb制作の会社|人脈を大事にする営業マン|noteで補助金最新情報をお届けします|