【詩】悲観的幸福論

なんかいの世界を超えて
思いの果てを創って
疲れた顔したあなた
なんでなんでなんで

相次ぐ事故の責任
全てを受け入れ
むしろ切っ先に向かい走る
これでこれでこれで

あの頃の君はおかしい
こんな終わりがよかった?
あいつは笑っているわ
それでも幸せと思う

関係ないと言われて
確かにそうだと笑う
馬鹿な顔で笑われて
一層殺意が募る

あなたを殺してしまえば
僕が殺されてしまえば
案外丸くおさまる?
だったらそれを祝おう
笑え笑え笑え

遠くの笑い声は
やっぱり幸せそうで
つまりはhappyend
ありがとう

だから、キミをコロした。

ことば・写真・絵(プロ画は「コーラ」様のでございます)

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。