2021年 年賀状制作過程①(ClientWorks)
見出し画像

2021年 年賀状制作過程①(ClientWorks)

イラストレーター芦刈将

(制作過程 掲載許可済)

キンコーズ(九州・中四国地区)様の案件。丑(うし)年です。
制作過程その① (制作過程②はこちら)

担当する年賀状は
アート年賀状 と つなぐ・つながる年賀状
(↑LINKですでに購入できるようになっています)

アート年賀状は闘牛にしようと思いました。
で、調べてみたところ、スペイン闘牛って動物愛護の観点から
いまは行ってない
んですね。かわいそうだもんね。
闘牛じゃないのにしよう。牛の練習してるうちに閃くかもしれません。

画像1

骨格や筋肉のお勉強
動物それぞれの身体の特徴というを知った上で
デフォルメしたほうがずっと説得力が増すのです。
リアルでもデフォルメでも最初はこのお勉強は欠かせません。
特徴を掴むのに2~3枚ですむこともあれば、10枚くらいかかることも
あります。クロッキー帳かコピー用紙です。
少し透ける紙を使用することで上から
トレスしたいとき都合が良いので厚い紙は基本使わない。
消しゴムを使う気はないのでペンで描きました。
鉛筆の雰囲気を試したいときは鉛筆使います。

画像2

描くたびに徐々に動物の個性を残しつつ省略が増えていきます。
牛の荒々しさ・ワイルドさを表現するには力強い筆が良いのでは?
と思い試してみます。まぁ今回はある程度「たぶん筆だな」というのは
描く前から考えてたのでしっくり来るのは早かった。
悩んだ時は鉛筆・ボールペン・万年筆・マーカー・カリグラフィペン・筆・他に何かないかなと永遠と試し続けます。
見ないで描けるくらいは練習します。
ん?たまたま向かい合って良い感じの牛が二頭いますね
レイアウトしてみましょう。

画像3

うん!思った以上になかなか良い感じだ!
もはや変な手を加えなくてもこのままが良いのでは…しかし
どこに…HAPPY NEW YEARいれよう…。
年賀状のお仕事のほとんどは、文字の位置が決まってるのです。
文字を寄せたり広げたりはできない。(相談出来る場合もある)
もう…このデザインじゃツメツメ。下の左右も寂しさが…
横じゃなくて縦ですね。


画像4


整えすぎると小綺麗になってワイルドさが損なわれるので、
調整は最小限に。
アップになって迫力満点!
そして年賀状なので紅白を意識して牛を着色。
背景の黄色と青は、数年の私の推しカラーです。
オシャレとインパクトを兼ね揃えた
私の絵にあった色合いだと思っています。
この色合いを見たら
「芦刈さんだな」と記憶にも残りやすい
んじゃないかと。
珍しい配色ではないですが、
ここまでドーンというのはあまり見ないと思います。
また、ふつう年賀状じゃありえないような色を使うことで、
それに使う側としても
大量に届く年賀状の中でも印象に残る一枚になるかなと。
出した人も
「今年の年賀状、インパクトあったね」と言われると嬉しいかなと。
イラストのお仕事は
クライアント様やユーザー様のことを考えて制作します。

ここで宣伝!
年賀状はぜひキンコーズで!LINK
「芦刈さんの年賀状はよく売れるなぁ」と
価値・収益を生み出すのがイラストレーターの役目ですので
その為にはもちろん宣伝もします。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ!おっしゃー!
イラストレーター芦刈将
フリーランスのイラストレーター芦刈将の日常。 イラストのことはもちろん、Twitterでは話せない量のお話。 趣味や考察、プライベートなことをせきららにnoteだけでそっと。 https://ashikari.works