見出し画像

Q.何で勉強するのか? A.周囲の口を噤む為

小学生、中学生の頃は、勉強するのがとても嫌いでした。大嫌いでした。まさしく、ありきたりな理由、

何の為に勉強をするのか分からない

これ以外に理由はありませんでした。

算数、数学だけは、ゲームみたいに捉えていたので、「100点を取れば勝ち」「99点は負け」のルールで、もはや遊びでした。算数、数学は、計算問題だけでなく、図形や証明問題もあり、バリエーションが豊富で、ほんとにゲームみたいなラインナップだと感じてました。

それ以外の教科は、とにかくダメで、落第点ばかりでした。そんな折に、親戚の叔父から言われたのは、

勉強していないだ? 何考えてんだ? 生きる資格が無い、出て行け

でした。

子供に「何で勉強するの?」と聞かれたら、どう答えますか?
http://dearlife.biz/s-life/%E5%AD%90%E8%82%B2%E3%81%A6/%E3%80%8C%E4%BD%95%E3%81%A7%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AE%EF%BC%9F%E3%80%8D%E3%81%A8%E8%81%9E%E3%81%8B%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%A9%E3%81%86%E7%AD%94%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F/

何故、勉強していないだけで、生存まで否定されるのか、訳が分かりませんでした。世の中には学校の勉強をしなくても、成功している人は山のようにいます。確かに、自分はスポーツをやっていたわけじゃないし、芸術的なセンスを持っていたわけでもない。

学校内で試験の点数だけで評価され優劣を付けられることが、果たして社会に出て何の役に立つのか。意味があるのか。中学の時、高校の時、成績が優秀でした。偏差値が高いです。だからどうした?

社会に出たときに、「何ができるのか」が重要であって、満遍なく勉強が出来たことが重要なのではない。私は数字には強かったので、測量士とか技術者とか、そういう道は悪く無いなと密かに思っていましたが、

勉強していないだ? 何考えてんだ? 生きる資格が無い、出て行け

これが親も含めた、親戚一同の言葉でした。会う度に、非難されました。で、私が、中学生の私が出した結論は、

周囲の口を噤む為に、勉強しよう・・・・・・

でした。なんとも悲しい動機ですが、これはめちゃめちゃ有効で、成績が学年で10位以内に入るようになると、口を噤むどころか、好意的になって必要以上に接してきました。全部、無視しましたが、大人はふざけた生き物だ、という考えになってしまいました。

冒頭の記事に、結論として、

以下母:それはね・・・
勉強ってさ、ゲームや漫画に比べたら、つまんないし嫌だな、面倒くさいって思っちゃうよね。
でもその「嫌だな、面倒くさいな」って思う気持ちに負けないで「がんばってやってみよう」と思えるようになる練習をしてるんだよ。
そうやって「努力する力」「あきらめない心」を身につけるために勉強してるの。
その力は大人になって「自分のやりたいこと、なりたいもの」が出てきた時に一番必要な力なんだよ。

とありますが、これは当時の小学生、中学生の私では、まったく納得のいかない回答です。確実にこの母親が嫌いになります。

「嫌だな、面倒くさいな」って思う気持ちに、何故、負けてはいけないのか。本当に好きなことを見つけたら、「嫌だ」なんて思わないし、「面倒くさい」なんて、一切、思いません。「努力」もするし、「諦める」なんて選択もしません。

私は答えはひとつだと思っています、

勉強を楽しいモノに、好きなモノにしてあげる

です。

つまらないものを、こじつけた理由で、精神論で、偽善で、達成させようというのは、浅はか極まりないです。私はこの記事の母親は大嫌いです。私が算数、数学をゲームみたいだと面白がって楽しんで学んだように、親は大人は、面白さ楽しさを促してやるべきです。

私の勉強の目的は、「周囲の口を噤む為」になってしまいましたが、こんな人間を増やさない為にも、勉強はこの記事のように「我慢の対象」ではなく、「楽しいモノ」に変換してあげる努力を、親、大人はしてやるべきです。

子供にだけ、努力を強いるのは、間違っています。それは子供に簡単に見透かされます。まずは親、大人が努力をすべきです。

※続きはありません。「面白いじゃん、応援しちゃう」という方がいらっしゃいましたら「投げ銭」お願いします。「投げ銭」しておくと私がこの記事を削除しても継続して閲覧が可能です。

この続きをみるには

この続き: 0文字

Q.何で勉強するのか? A.周囲の口を噤む為

アシベズヘア

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
22
ライター。幼い頃の自分の髪型が、まるで森下裕美の漫画『少年アシベ』の芦屋アシベのようだったので、それを名前の由来にした。主な著作に『ねえ、「電子書籍」ってどうやって作るの? おじさんが丁寧に教えてあげるよ・・・』『OTAGO』などがある

こちらでもピックアップされています

抗う根っ子
抗う根っ子
  • 69本

自由に育とうする若い幹を退嬰的な発想で簡単に伐採する日本社会へ強い根を持って抗うという諷刺です。

コメント (2)
そう、超絶楽しいんですよね。その楽しさ、如何に教えるか、課題です。
主人が子供のころ、父親は勉強しろとは言わなかったそうです。でもちょっとブロックで装置を作って「これを動かすにはどんな方法がある?」とかの問題を遊びの中でよくやっていたそうです。問題が解けると楽しいを学んだ気がすると言ってました。(なので答えがあいまいな教科には弱いですが)たぶん言葉で答えを出すことって難しいですよねー。それに、何で勉強するかに疑問を持つ子供はいろいろな視点から物を見られているのかなとも思います。私は何に疑問持たずたらーと授業受けてましたから。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。