見出し画像

お金がモチベーションに繋がる人がちょっと羨ましい。

お金がモチベーションに繋がる人がちょっと羨ましい。私はあんまり、お金はモチベーションにならない。もちろんたくさん貰えれば嬉しいんだけど、生活に困らない程度でいいと思うことが多い。たくさん持っていても、使い道が思いつかない。

昔は、洋服とか靴とか家具とか、いっぱい買ったり、高級料理屋に行ってみたりしたんだけど、あんまり満たされない。お金を消費することで満たされる人は、車を買ったり旅行に行ったり、すごく楽しそう。自分にはない感覚。それがすごく羨ましい。

私は小さい頃から物を欲しがることをしなかった。というより、物を欲しがってはいけないという強迫観念があった。家があまり裕福ではなくて、それを両親が口にするもんだから、空気を読まないといけないと思っていた。

みんな大好きなお祭。私は嫌いだった。お祭りに連れていってもらって、500円分なら遊んでもいいよって言われても、遊びたくないと言って私は何もせずに家に帰って、こっそり遊びたかったと泣いていた。

お金を使って思う存分に遊べる人が羨ましい。

だけど最近、私もお金を使って満たされるものがひとつだけ分かった。それはお金を「他人の為」に使うことだ。

寄付は違う。目の前で私のお金を使って、それでその人が楽しくなったり喜んだり助かったりすることが何より満たされる。私はどこか、ずっと、お金は自分のものではないような気がしていた。自分の環境にお金があってはならないというか、そんな宿命な気がしていた。

貯金するくらいなら、誰かの為に使う。それが一番、私にとっては満たされる。

【借金2億円】人生のどん底をみた父から学んだ「人生で大事なお金のこと」
http://world-journal.hatenablog.com/entry/2014/06/19/193139

(アシベズヘア/facebook

※続きはありません。「面白いじゃん、応援しちゃう」という方がいらっしゃいましたら「投げ銭」お願いします。

この続きをみるには

この続き:0文字

お金がモチベーションに繋がる人がちょっと羨ましい。

アシベズヘア

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

36
ライター。幼い頃の自分の髪型が、まるで森下裕美の漫画『少年アシベ』の芦屋アシベのようだったので、それを名前の由来にした。主な著作に『ねえ、「電子書籍」ってどうやって作るの? おじさんが丁寧に教えてあげるよ・・・』『OTAGO』などがある

コメント3件

私は羨ましくないですねえ。むしろ気持ち悪い。「高級」とかがついてるのが好きな人。多分、この国はバブルで完全にダメになったと思う。男も「デオドラント」の時代ですから。昭和は、男の流す汗はかっこよかったのに……。所詮「庶民」のくせに、貴族ぶりやがってさ。何が「大人かわいい」だよ。大人はかわいくないの。子供に威圧的な存在じゃなきゃ意味ないじゃん……。おっと長文すいません。
世の中のいろんな物がお金を通して流通している以上仕方のないことかもですね。私は物欲まみれなのでお金いっぱいくれたら頑張ります(笑)創造的な仕事をしているわけではないので自分に対する相対的な評価とか、立ち位置とか、割とお金でわかり易くなったりもします。お金で揺るがない人の創造した物をお金で身近な物にするしかない。それが「普通の庶民」なのかもですね…でもまあ、お金のおかげで何とか自分を着飾って周りの目を気にしながらも精神保ってられるんだと思います(笑)
ちなみにですが、貯金して残高増えていくのにもニヤニヤします(笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。