見出し画像

ラブホテルを会議部屋として使うサラリーマンが急増中・・・・・・何を打ち合わせるつもりなのか?

「家政婦は見た」ではないが、いつの時代も女性は他人の情事が気になるのだろうか。ラブホテルで働く女性たちが、最近のラブホテル利用事情を語っている。清掃、ベッドメイクに入れば、今日までに培った経験から、どんなプレイを行っていたか大体想像がつくという。

「二割のお客は、セックスをしていないわね」
「最近は多いのよ、ラブホテルに来る目的がセックスではないお客がさ」

え、じゃあ何目的?

曰く、なんと、四十代くらいのオバ様グループがカラオケ目的で来たり、ちょっとしたパーティーを開催したり、サラリーマンが打ち合わせの為に使ったりというケースが、最近は少なくないという。確かに、個室をちょっと使いたいな、という時に、思いつくレンタルスペースはなかなか無いが、それがまさかラブホテルだなんて、、、その選択肢は私だったら浮かばない。しかしそれがトレンドだということか。よく、ラブホテルには盗撮、盗聴が付き物と耳にするが、サラリーマンが打ち合わせなんかに使ってしまって情報漏えい等は問題ないのだろうか。

「ラブホテルの盗撮なんて、AVの中の話よ」
「そんなことをしてバレたら一発で廃業、そんな危ない橋を好き好んで渡らないわ」
「例えお客が仕込んで帰っても、いつも隅々まで掃除してるから簡単に見つけちゃうし、不可能よ、ご心配なく」

既に二割のお客がこうしてレンタルスペースの一択に加えているのだから、ビジネス利用の寝泊りだけでなく、今後はもっとレンタルスペースとしてのラブホテルが普及するのかもしれない。大事な仕事の打ち合わせをしている最中に隣の部屋から喘ぎ声が聞こえてきたら、なんとも生産性が悪そうだ。

※続きはありません。「面白いじゃん、100円くらいなら払ってやるよ」という方がいらっしゃいましたら「投げ銭」お願いします。

この続きをみるには

この続き: 0文字

ラブホテルを会議部屋として使うサラリーマンが急増中・・・・・・何を打ち合わせるつもりなのか?

アシベズヘア

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
ライター。幼い頃の自分の髪型が、まるで森下裕美の漫画『少年アシベ』の芦屋アシベのようだったので、それを名前の由来にした。主な著作に『ねえ、「電子書籍」ってどうやって作るの? おじさんが丁寧に教えてあげるよ・・・』『OTAGO』などがある
コメント (3)
リード写真がうまい!
最近のラブホは同性同士ダメとか、3人以上お断りとか、ないんでしょうねぇ。一人でも使えたら昼寝にいいかも。
ビジネス利用は増えましたよね。私も出張でたまにラブホに泊まりました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。