見出し画像

Bontrager Aeolus RSL 37 インプレッション

ついに手を出してしまいました。Aeolusの最高級ホイール、Aeolus RSL 37(Bontragerの公式ページ)です。

画像1

やはり最高のホイールでした。

■なぜ37を選んだのか

ちょうど、51、62、75が発表されたタイミング(シクロワイヤードの記事)。51にしようか37にしようか悩んだのですが、より横風時の安定性を重視した選択をしました。

これまでは、TOKENの52mmディープリムを使っていました。特に大きな問題はなかったのですが、横風の突風でひやひやすることはそれなりにありました。
 爆風だった唐津~平戸旅もそうですが、ほかにも結構風が強いときにダウンヒルをしていると、こりゃあかんな~と思って減速することも多く、、、安全に下るという意味では、全くそれでよいのですが、気持ちよく下るという意味では、ロードバイクらしさを失っていた気がします。

兼松さんのTwitterによると、51も3D解析で、横風にもかなり強いということだったのですが、ホイール1セットで運用しているので、様々な環境でトータルに安心して走れると思った37を選択しました。

ちょうど在庫があったため、週末に注文して、翌週の木曜日には到着。早速走ってみました。

■インプレッション

GP5000CL 28Cで、チューブはラテックスチューブを使ってます。空気圧は前5.0、後5.5。インプレの比較対象は、KONAX PRO Disc Prime カーボンチューブレスレディクリンチャー、52mmハイトのホイールです。

画像2

●軽さ
1575g→1325g(-250g)と、かなり軽量になりました。数値以上に、乗ってみて感じる軽量化の効果は抜群。加速感や振りなど、バイク全体の挙動が軽くなり、バイクとの一体感がかなり増した気がします。
 ハンドル交換やDi2化もそうでしたが、だいぶリムブレーキのロードと同じように、軽快に走れるようになりました。

●安定感
期待通り、風が吹いても全然気になりません。アルミのローハイトホイールの時みたいな安心感。風を受けることなく、スーッと進んでいきます。
 また、ホイール全体の剛性が高いのか、ハブの性能が高いのか、かなりスムーズに転がってくれます。試しにスプリントもしてみたのですが、ホイールの柔らかさなどはみじんも感じず、しっかりとパワーを受け止めてくれました。

●エアロ効果
52mmから37mmと-15mmなので、エアロ効果がだいぶ変わるかなと心配していたのですが、体感で分かるほどは変わらず。向かい風でも横風でも、スッと進みます。
 ホイールの性能って、リムハイトだけじゃなくて、リムの形状とかホイールトータルのバランスとかが、大事なんだなと思いました。

●剛性
52よりリムハイトが下がっているものの、剛性はむしろ上がっている気がしました。スプロケットとかブレーキローターを付けていると、スポークがカンカンと音を立てるくらいなので、スポークテンションがかなり高そうです。
 リムの内幅が1mm広がったので、タイヤの空気圧を落として、ホイールセット全体の剛性を調整してみました。

●ハブ
実は一番効果を感じたのが、DTSuissの新しいハブです。36Tラチェットのダイレクト感や空転時のスムーズさが、かなり好印象でした。

画像3

全体として、かなりバランスが取れたホイールだと思います。取り回しも自然で使いやすいです。レースの速度域だと51mmくらいあった方が良いのかもしれませんが、自分が普通に使う範囲(巡航で30km/h〜40km/h)では最適解です。
 何より、軽快感や安定感のおかげで、乗っていて気持ち良いのです。ディスクロードのどっしりとした感じに引きずられて忘れていましたが、ロードバイクの楽しさって、こうだったよなと思いだしました。

Aeolus Proは重量が重く(1500gくらい)、52mmからほとんど軽量化にならない点がネックで選びませんでしたが、最初からPro37を使っていれば、気にならずに使い続けていたと思います。こちらもお勧めです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
山口県宇部市に住んでいます。 趣味で取り組んでいるロードバイクに関する記事を中心の掲載します。 専門家ではありませんが、読書が好きで、いろいろな専門書を読んでいます。 (仕事に関する話題は、個人のウェブページへ移管しました。https://asanoha.pro/