1月4日~1月9日
見出し画像

1月4日~1月9日

森 悠太|Team Pelicans

■1月4日(火)冬ウェアの使い分けを考える

自転車に乗り始めてもうすぐ15年ですが、それでも冬のウェアは難しいです。
 多分、汗をかかずに寒くもない、というちょうど良い状態というハードルが高いからで、汗をかいても構わない、あるいは多少寒くても構わないなら、そんなに悩まないのかなと。
 温度帯ごとに、手持ちのウェアの組み合わせを整理してみて、これから何を揃えていくか、考えてみたいと思います。なお、日中の温度差を考慮して、温度帯には幅を持たせ、かつ少しずつかぶるようにしてみました。

ちなみに、個人的には末端部の寒さに弱いと思ってます。顔周りはそんなに寒さを感じません。なので、グローブとシューズカバーが重要。

-5度~5度

多少の装備不足(カイロ類やウィンドブレーカーがない)もあって、真冬の早朝の阿蘇山ではかなり寒かったですが、それ以外は特に問題なくライドが可能な装備です。
 昨シーズンから今シーズンにかけて導入した、Assosのジャケットとグローブが、相当に暖かいです。極寒期用ということもあって、これよりも暖かい日に使用することを若干ためらうくらい。ちなみに、日本で代理店から購入すると結構なお値段ですが、公式サイトから日本にも発送してくれるので、そちらから買うと、思ったほど高くありません。

0度~10度

  • 上 Rapha サーマルジャージ(プロチーム ロングスリーブジャージ)
     +モンベル ジオライン M.W. サイクルアンダーシャツ
     +パールイズミ ビジョン ウルトラメッシュ ノースリーブ
     (+ウィンドブレーカー)

  • 下 夏用のビブショーツ
     +パールイズミ ハンディ タイツ

  • グローブ Assos ULTRAZ WINTER GLOVES

  • シューズカバー パールイズミ ウィンドブレーク ロード シューズカバー 
     +パールイズミ ウィンドブレーク ライト トゥカバー

ジャケットとオーバータイツを少し薄手に変更して乗ってます。グローブが少し暖かすぎる感じがしてます。

5度~15度

  • 上 Rapha サーマルジャージ(プロチーム ロングスリーブジャージ)
     +モンベル ジオライン M.W. サイクルアンダーシャツ
     +パールイズミ ビジョン ウルトラメッシュ ノースリーブ

  • 下 夏用のビブショーツ
     +パールイズミ レッグ ウォーマ or ニーウォーマ

  • グローブ Assos WINTER GLOVES

  • シューズカバー パールイズミ ウィンドブレーク ライト トゥカバー
     (+パールイズミ ウィンドブレーク ロード シューズカバー )

少し難しい気温ですが、日が差して気温以上に暑く感じる可能性があるので、少し薄手に振っています。
 自分はニーウォーマの導入がかなり遅かったのですが(レッグウォーマとの使い分けが分からなかった)、導入してみるとかなり良いものでした。意外と脛は寒さを感じないので、ニーウォーマでちょうど良いことが多いですし、脱ぎ着もしやすいです。
 ただ夏用のビブショーツを使っていると、股関節周りが寒い(要するに股間は夏と同じ環境)ので、裏起毛の春秋用ビブショーツを導入予定です。

10度~

ここからは夏用をメインに考えます。若干体幹部が寒いので、温まるまではジレで保温する感じです。

ということで、Assosのシューズカバーと薄手の冬用グローブを追加購入しました!

■1月5日(水)ケトルベルトレーニング

昨年の秋から、自宅バーベルトレーニングをやめて、ケトルベルのトレーニングに切り替えました。
 バーベルでのトレーニングの方が負荷をかけられて、フィットネスレベルは向上するはずなのですが、そんなにフィットネスレベル上げてもしょうがないかな、とちょっと消極的な理由です(学生時代からジムは定期的に通っていて、自転車のためにはおよそ4年くらい取り組んできましたが、劇的に良くなったか、ちょっと分からないという点にも引っ張られました)。

またこの辺の本を読んでいて、もっと身体を上手に動かすことを意識した方が良いかなと思うようになったのも、大きな理由です。

ということで、最近は、

  1. ヒンジ系のメニュー

  2. ケトルベルスイング

  3. プッシュアップ

  4. プルアップ

  5. スクワット系のメニュー

といった感じのメニューを週2回くらい取り組んでます。30分くらいで済みますし、強度もそれほど高くないので、空いた時間とか朝一に実施できます。シーズンを通して取り組んでみようと思ってます。

■1月6日(木)、1月7日(金)オフ

特に運動はしませんでした。ほんとは朝早く起きて乗らないと時間が取れないのですが、ちゃんと寝ようと思うと厳しいですね。

■1月8日(土)個人練

朝、2時間くらい時間を取って、いつものコースへ行ってきました。めちゃくちゃ寒くて、草だけでなく樹木にも霜が降りてました。多分-5度くらい。

最近のマイブームは、Training Peaksの記事にあった、Miracle Intervals。10秒~30秒くらいの高強度走を、5分くらいのレストを挟んで、5~7本くらいやります。
 ちょうど、コース後半のアップダウンの部分を使うと良い感じなので、コース前半でのテンポ走と組み合わせて、実施してます。

最近はフィットネスレベルを向上できるほどは、トレーニングしていないので、どちらかというとこのインターバルは、自転車の乗り方を改善するために取り組んでいる感じです。
 坂道でもがききることになるので、強度が高めのダンシングの練習になります。高強度で踏んでおくと、力の伝え方が上手になる感じがするのでお勧めです。
 多分同じ理由で、スプリントのトレーニングをすることで、ペダリングスキルとかが改善する実感がありますので、こちらもお勧め。

■1月9日(日)低強度まったり練

久々に練習仲間と走ってきました。どうしても長時間家を空けるのが難しいので、なかなか一緒に練習できず。今日は朝早く出発して途中離脱する感じで、参加しました。

といっても、集合時間に間に合わない感じだったので、出発が遅れている可能性にかけて、集合地点までかなり頑張って走りました。

信号ストップがほぼなかったこともあり、10分遅れくらいで到着。ちょうど出発する直前でした。
 集合後は、普段走らないルートでまったり走りました。が道が悪いところで、パンクが発生。

休憩後に途中離脱。帰り道もそこそこのペースで走り、練習終了です。

帰宅後、今シーズン参加してみようと思っている、ブルべの予定を確認。

200km
305 別府
313 三原しまなみ展望台巡り
319 室津半島~周防大島
320 大分
522 阿蘇

400km
402 下関

600km
429 山口~指宿
528 松山

まだコースが出てないブルべも多いので、この中から面白そうなコースを選んで走りたいと思ってます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
森 悠太|Team Pelicans
山口県宇部市に住んでいます。 趣味で取り組んでいるロードバイクに関する記事を中心の掲載します。 専門家ではありませんが、読書が好きで、いろいろな専門書を読んでいます。 (仕事に関する話題は、個人のウェブページへ移管しました。https://asanoha.pro/