見出し画像

四国一周サイクリング|Challenge 1000km|2018/4/25~4/30

今年は日本各地でサイクリングを楽しもうと考えて、いろいろ準備しています。ということで、せっかくなので、3年前にチャレンジした四国1周、チャレンジ1000kmをまとめておこうと思います。

■旅行の準備

Challenge1000kmとは、愛媛県が中心に四国4県が積極的に進めている、四国1周サイクリングです。1周すると1000kmになるということで、Challenge1000kmという名称で、プロジェクト化しています。

こちらから事前登録すると、専用デザインのサイクルジャージが届きます。そして、事後にログを送ると、記念品がもらえます。徐々にサイクルジャージでのサービスが増えているようですが、自分が参加したときはまだ黎明期ということもあって、特に何もありませんでした。

今回もこちらの推奨ルートをなぞる形で、走ってみました。

ちょうどゴールデンウィークの前に休みを取って、6日間で1000km走るという、割と頑張るスケジュールを組んでみました。単純計算では、1000÷6=167kmですが、宿泊場所の関係で、距離が短い日と長い日があります。

基本的にはこちらのように、大型のサドルバッグとトップチューブバッグに荷物を詰めて、ホテルを予約してホテル泊でサイクリングしました。

画像1

■1日目 三津浜~坂出 6:23:38 177km 243TSS

画像2

四国入りは柳井港からフェリーで。朝一の便で9時30分に三津浜に到着です。天気はどんより曇り空。

画像3

画像4

まずは海岸線沿いを通って、今治へ。今治市内はあまり立ち寄らず、今治市内から少し抜けたところにあった、道の駅「今治湯ノ浦温泉」で、お昼ご飯。鯛めしを食べました。

画像5

画像6

愛媛県を東進し、香川県へ。四国の内陸はかなり険しいですね。石鎚山とかUFOラインとかはこの先にあるようです。

画像7

130kmくらい走って、いよいよ香川県へ突入。とりあえずうどん屋さんに入ってみました。

画像8

画像9

画像10

画像11

香川県の海岸線沿いは、結構栄えているので、交通量が多い道を行きましたので、写真はなし。

■2日目 坂出~阿南 5:58:52 154km 235TSS

画像12

2日目は坂出から徳島県の阿南町へ向かいました。朝から走れる日でしたが、阿南町より先に宿泊場所があまりなかったため、阿南町まで。

この日は朝からいい天気です。まずは海沿いの走りやすい気持ちの良い道を走りました。瀬戸大橋がきれいに見えます。

画像13

高松市内を抜けて、道の駅「源平の里むれ」でソフトクリーム補給。

画像14

画像15

こちらは津田の松原。海岸線もきれいですね。

画像16

画像17

徳島県に入った後は、鳴門海峡のあたりを走りました。いきなり本格的な上り坂が始まりました。サドルバッグもありますので、えっちらおっちら上りました。
 その分高いところからの景色は絶景。下った後は明石海峡大橋が見えます。

画像18

画像19

画像20

画像21

徳島市に入る前に、徳島ラーメンを食べました。塩っ辛くて、走った後にピッタリです。

画像22

そこから先は徳島市内を抜けて、40kmで宿泊場所へ到着。

ところで登りがあったからか、2日目の疲労があったためか、膝が痛み出してしまいました。そのまま走り続けたので、痛みがひどく、ドラッグストアでシップを買ってみました。

■3日目 阿南~高知 7:11:20 193km 241TSS

画像23

この日は室戸岬を経由して、いよいよ高知市へ。

少しだけ山をかすめましたが、やはり四国の山の険しさを感じました。

画像24

画像25

そこから先はとにかく海岸線沿いを走ります。まだシーズン前なので、車とかは少なくて良かったです。

画像26

画像27

画像28

分かりにくいですが、室戸岬。魚がおいしいですね。

画像29

画像30

途中からはかなり気持ちの良いサイクリングロードを走って、高知市へ到着。ようやくいい天気になってきました。

画像31

画像32

高知では夕食にカツオのたたきを食べました。これが絶品。普段食べてるカツオのたたきとは、味が全然違います。これを食べるためだけに、また高知に行きたいくらい。

画像33

■4日目 高知~土佐清水 7:25:30 199km 239TSS

画像34

この日は、かなり期待していた、四万十川沿いを走るルートです。結果的に絶景続きの、素敵なルートでした。四国一周のハイライト。

一応高知市内をほんの少しだけ観光してから、出発。

画像35

画像36

出発直後から絶景。仁淀ブルーで知られている仁淀川の河口です。

画像37

須崎までの海岸線沿いは、海が本当にきれいでした。

画像38

画像39

画像40

須崎からは、内陸へ向かって七子峠へ。さっきまでいた海が見えて絶景です。

画像41

画像42

高低差のグラフを見るとわかる通り、七子峠から四万十川沿いは、ずっと下り。四万十川の絶景は気持ちよく走ることができました。この絶景を見ながら60km以上下るわけですから、最高です。

画像43

画像44

画像45

画像46

画像47

画像48

四万十市では旧友と再会し、ソフトクリームを食べました。

画像49

暗くなる前に土佐清水市へ到着。絶妙な寂れ具合で、よい町でした。そして夕食がとても豪華でボリュームたっぷり。

画像50

画像51

■5日目 土佐清水~宇和 6:22:15 165km 257TSS

画像52

膝の痛みが続いていたので、思い切って5mmくらいサドルを下げてみたところ、いい感じ。早めに気づけばよかったです。

朝一、旅館に荷物を預けて、身軽な格好で四国最南端の足摺岬へ行ってみました。結構アップダウンがあって、身軽にしておいて良かったです。

画像53

画像54

足摺岬後はいよいよ北上し、愛媛県へ向かいました。

途中、気持ち良い道を推奨ルートが逸れたのでなんだろうと思っていたら、激しい林道で痛恨のパンク。。。

画像55

いい景色を見ながら、昼食をとりました。

画像56

愛媛県が近づくにつれて、交通量が多くなってきます。こちらは恐怖の10連続トンネル。

画像57

画像58

■6日目 宇和~三津浜 4:38:42 121km 201TSS

画像59

いよいよ最終日。推奨ルートは八幡浜市をまっすぐ縦断して、最短で松山へ向かうルートなのですが、せっかくなので佐田岬を少し走ってみました。とは言いつつ、一番西まで行くと大変なので途中まで。

画像60

この日はこの度初の雨。用意していたレインカバーを付けたので、靴は濡れずに済みました。また幸いなことに雨はすぐに上がって、きれいに晴れました。

画像61

画像62

画像63

伊方原発のすぐ近くまで。

画像64

三津浜まできれいな海岸沿いを走って、気持ちよく旅の最後を終えました。近くの銭湯に入って、フェリーの中で食べようとお好み焼きをテイクアウトして(待ち時間に食べてしまいましたが…)、旅は終了!

画像65

画像66

■旅のまとめ 38:00:18 1009km 1416TSS 19446kJ

画像67

帰宅後ログを送って、後日記念品が届きました。走った軌跡が残るのって、素敵ですね。

佐田岬を寄り道したので、1000kmを何とか超えました。1週間でこれほどの距離を走ることはほとんどなかったので、身体はボロボロです。

どの県も良かったのですが、飛びぬけて高知県が良かったです。正直なところ、残りの県を走るなら、山口県でも良いかなと…
 高知県のネックはアクセスが大変なこと。それ以外はとにかく最高で、沖縄に匹敵するくらいの絶景でした。また行きたいな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
山口県宇部市に住んでいます。 趣味で取り組んでいるロードバイクに関する記事を中心の掲載します。 専門家ではありませんが、読書が好きで、いろいろな専門書を読んでいます。 (仕事に関する話題は、個人のウェブページへ移管しました。https://asanoha.pro/