短い文たち

16
ノート

答え合わせ

自分の生き方は自分で決める。

わたしの問いに答えるのは
わたしだ。

「どうやって生きていく?」

その答えを今日も一日
ひとつひとつ、出していく。

最適解になるものを
一生懸命選んでいく。

そんな毎日は

ときに単調で、報われなくて

間違っているような気に
なることもあるけど

でもそれもきっと
計算式の一部なんだろう。

今日の答えと明日の答えと
毎日答え合せをしてみ

もっとみる
あなたの幸せを願っています^^
7

しろくろ

昨日は学校に行って

仕事したり
子どもたちとお話ししたり
本読んだり
遊んだり
給食食べたり。

そんなに何気ない日常なんだけど
いろいろなことが起こる。


子どもたちを見てて思うのは

この世界は
真っ白なものと
真っ黒なものだけじゃなくて

それぞれが絡み合って混ざり合っているということ。

物事はそんなに単純じゃなくて
全てがぐるぐる巻きになっている。

子どもたちは

もっとみる
よい一日をお過ごしくださいね^^
2

みんなちがう

「みんなおなじ。
でも、みんなちがう。」

絵本に書いてあった言葉。

わたしはちがうところを見つけるのが
好きみたい。

文化のちがい
言葉のちがい
考え方のちがい
得意のちがい

それが寄り集まって
美しいものができあがる。

寄り集まったとなりの人と
肩を組めたら最高。

急に組んだら
びっくりしたり
避けられたりしちゃうから

コミュニケーションがだいじ。

相手と向き合って

もっとみる
あなたの幸せは私の幸せです^^
8

立ち止まる

ああしてやろう、
こうしてやろう。

この方がきっとあなたのため
だからそうするべき。

誰かを自分の思いのままに
動かそうと思ってる自分に
気づいたら

立ち止まる。


自分に対しても同じ。

ああしてやろう、
こうしてやろう。

こうした方がきっと自分のため
だからそうするべき。

自分の心や体に
そう思い通りにしようとする
自分に気づいたら

立ち止まる。


心地よ

もっとみる
読んでくれてありがとうございます^^
4

土台

土台がしっかりしていたら

乗っかってるものがゆらゆらしても
全部倒れちゃうことはない。

自分の信念もまさにそうで

末端の今取りかかってる問題が
よくなろうと悪くなろうと

自分の土台がしっかりとあれば
別にどうってことない。

うまくいけばまた上に積み上がるし
うまくいかなかってら積み直したらいい。

土台がなかったり
ふにゃふにゃだったら

なにを積んだっていつかは崩れる。

もっとみる
よい一日をお過ごしくださいね^^
2

おもしろき人生

人生って何が起きるかわからない。

いつ始まるかも、いつ終わるかも。

だから、目の前のことひとつひとつを
自分なりにやっていくしか
私たちにはできない。

でも、反対に。

そのひとつひとつで
どうにだってなっていく。

自分で歩きたい道があるのなら
その道の方へ向いたらいい。

行きたくない道なら
やめたっていいと思う。

全部自分で決めていくこと。

それが自分の人生を生きる

もっとみる
よい一日をお過ごしくださいね^^
2

わたしの仕事

仕事はわたしにとって、
生活を健やかにしてくれるもの。
わたしがわたしであるために必要なもの。

皆さんとの関わりの中で
気づくことや学ぶことが沢山あって

わたしを成長させてくれる場でもある。



女だから子育てに専念するべきだ
働く時間を減らすべきだ
いつでも代わりのいる仕事をするべきだ

そんな意見を目にするたび
(往往にしてそれは直接的でなく、善意に潜んでいるもの)
とても悲

もっとみる
よい一日をお過ごしくださいね^^
5

着々と、春

着々と、春。

私たちも新生活に向けて
着々と。

どんな場所にいても
誰と過ごしていても

同じように時間は過ぎていく。


だから、そのいっときを
大切に過ごしたい。

慈しんで過ごしたい。

仕事、生活、日常全て。

なんとなくすっ飛ばすんじゃなくて
じっくりと向き合いたい。

本当に大切なものは何か?
必要なものは何か?

地に足つけていこ。

あなたの幸せは私の幸せです^^
5

人間くささ

土なんて見当たらない地面。

電線越しに見る夕焼け。

周りの人にぶつからないように歩く駅。

変な人がいたら見ないふり。



それは、どんな人も受け入れる混沌。

人間の求めているものが体現されている街。

すごく人間くさい場所。


東京が好き。
ここにいると、人を感じられるから。


善と呼ばれるものも
悪と呼ばれるものも。

どちらにもなりうる自分を
リアルに感

もっとみる
読んでくれてありがとうございます^^
2

ヨガは体を良くするものじゃない

誤解を恐れずに言えば、

私は体の痛みを取るためとか
体の機能を良くするために
ヨガを伝えていません。

もちろん副次的に
そのようなことは起こるかもしれません。

でもそれを目的にした瞬間
私はヨガじゃなくなると思っています。

痛みをあってはいけないものだと
思っていません。

体が動かないことが
改善すべきものだとも
必ずしも思っていない。

その今の状態を理解し
受け入れていく

もっとみる
よい一日をお過ごしくださいね^^
10