内海のうた

5

「プロになる」 言葉通りに 努力した 君にもう一度 野球を見せたい

こんばんは、内海あさです。
このnoteでは、「うたよみん」というアプリで日記的にたまに投稿している内海の短歌を紹介しつつ、思うところを話していきます。

この歌は、昔好きだった人がドラフト会議で指名漏れして、それでも諦めずに野球を続けて、ついに野球を引退して、しばらくした時に詠んだ歌です。

プロ野球選手になれる可能性が、年齢を重ねるごとに、練習を重ねるごとに、減っていくような人でした。きっと

もっとみる
\ありがとうございます/

さよならを どんな顔して 言うのかな どんなあなたも 愛せるのかな

こんばんは、内海あさです。
このnoteでは、「うたよみん」というアプリで日記的にたまに投稿している内海の短歌を紹介しつつ、思うところを話していきます。

この短歌は、好きな人のことをずっと好きでいるけれども、好きな人のどんな一面も好きでいられると勝手に信じているけれども、本当にそうだろうか?と思いながら詠みました。

内海の好きな人は、安易に人を傷つけるような言葉を言いません。
そういうところ

もっとみる
\ありがとうございます/

記念日を こすれば消える ペンで書く 消しても消えない わたしの弱さ

こんばんは、内海あさです。
このnoteでは、「うたよみん」というアプリで日記的にたまに投稿している内海の短歌を紹介しつつ、思うところを話していきます。

この短歌は、直近の彼氏と別れてしばらくして、手帳を開きながら、詠んだ歌です。

その彼氏との記念日を、わたしは油性ボールペンではなく、フリクションボールペンを「選んで」、手帳に書きました。

案の定、その彼氏とは半年ほどでお別れしましたから、わ

もっとみる
\ありがとうございます/

朝焼けに 揺れる煌めき あの海も 波風立つから 美しいのね

こんばんは、内海あさです。
このnoteでは、「うたよみん」というアプリで日記的にたまに投稿している内海の短歌を紹介しつつ、思うところを話していきます。

この歌は、人生の浮き沈みがとても激しく、溺れそうだった時に詠んだ歌です。
良いことがあったり、嫌なことがあったり、そういうアップダウンの波を乗りこなすことを大変に感じてしまったのです。

アップダウンがあるのは大変だけれども、そういったアップ

もっとみる
\ありがとうございます/

明日には 忘れてしまう 運命は お酒の力 借りただけなの

こんばんは、内海あさです。
このnoteでは、「うたよみん」というアプリで日記的にたまに投稿している内海の短歌を紹介しつつ、思うところを話していきます。

この歌は、素敵な男性とお酒を一緒に飲んでいて、「ああこの人いいなあ」って思いながら、「でも多分明日には忘れるな」と思って、詠んだ歌です。

「ああこの人いいなあ」って、その時、その一瞬は思っても、明日には「そうでもなかったかも」と醒めてしまう

もっとみる
\ありがとうございます/