見出し画像

ウクレレに出会って、朝が変わった!〜朝渋メンバーインタビュー〜

朝渋note部による、朝渋メンバーインタビュー。

今回インタビューするのは、ウクレレ女子として存在感を発揮している、國分江梨子さんと土岐絵理さんのお二人です。

朝渋メンバーの方は、部活やオフ会などで、2人がウクレレをポロン♪と奏でている場面を目にしたことはあるのではないでしょうか。

今回は、お二人の朝渋やウクレレとの出会いから今までのお話を聞きながら、朝渋をより楽しむためのヒントをお伝えできたらと思います。

・・・

ーおはようございます!(※)早速ですが、お二人のプロフィールを簡単におしえてください。

國分江梨子(写真右、以下こくえり)さん
「國分江梨子です。25歳です。今は留学の エージェントで Web のマーケティングと PR のお仕事をしています 」

土岐絵理(写真左、以下どきえり)さん
「土岐絵理です。24歳です。仕事は小学生向けのプログラミング教室で働いています」

※インタビューは朝渋らしく、AM 7:45、@渋谷 hotel koé tokyoで行われました。

ー最近、好きなものや好きなこと、今ハマってることなどはありますか?

こくえり「好きなものはウクレレ(笑)あとは旅行。ハマってるといえば、やっぱりウクレレ?(笑)最近、ブルーノマーズのライブに行きました!」

どきえり「最近はまってるのはウクレレです。あとは、もともと料理が好きで、料理教室も通ってました。最近、日常的にするようになって、お弁当もつくっています。」

ーやっぱり二人ともウクレレは外せないんですね(笑)では、朝渋に入ったきっかけを教えてもらえますか?

こくえり「もともとのきっかけは、運営の中村朝紗子(以下あさこさん)さん。あさこさんのSNSTwitterをフォローしていて、朝渋の運営をされているのを見つけました。」

どきえり「わたしもあさこさんの Twitter です。 Twitter のタグで「募集」とか検索をかけて面白いことを探すのが日課で。」

ーふたりともあさこさんがきっかけなんですね。朝渋に入るまえはどんな生活してましたか?

こくえり「会社が始まるのが10時〜10時半ぐらいなので、 9時に起きて会社にいく、みたいな生活でした。家帰るのも夜8時とか9時で、そのまま寝ちゃう。もっと朝有効に使えたらいいな、と思ってました。」

どきえり「9時半ぐらいに起きて、10時〜10時半に出社する感じです。一日無駄にしてるなって思っていました。でも高校生の頃は、朝6時半の電車に乗って学校に行ってたなって思い出して、もう一回やってみよう!と思って朝渋に入りました。」

ーふんふん、朝の時間を充実させたかったわけですね。朝渋に実際入って、「ぶっちゃけ」どんなところでしたか?

どきえり「最初は朝活=『意識高い(笑)』イメージでした。実際入ると『朝を楽しく過ごそう!』って場所だなって感じます。会社の人も意識高い、じゃなくて『朝遊ぶ』っていうのがすごくいいよね!って言ってくれてます。」

ーおお、会社の人に「朝遊ぶ」が伝わっててすごく嬉しいな!

こくえり「朝活っていうと、業種交流会、名刺交換とか、ビジネス寄りの空気があって。そこまでじゃないんだけど、誰かに会いたいとか、そういうのにちょうど良かったです。」

ーこくえりははいって実際、どうでしたか?

こくえり「『コミットする』とか書いてあって意識高い感じもあったので、最初は遅刻したら怒られるのかな?と思ってました。でも、遅刻しても、そんな日もあるよね〜って感じ。なにより、これやりたい!というのがある時に、朝だったら、全部出来ちゃうところがすごくいいなって思います。」

ー朝渋の王道の楽しみ方ですね!ふたりとも朝渋に入って最初に行った部活(※)はなんですか?

こくえり「インスタグラム部(※)です」
どきえり「わたしもです。あのとき、こくえりと話したよね!」

※メンバーが朝に行うアクティビティを「部活」と読んでいます。
※インスタグラム部は、朝渋のインスタ運用を通して、インスタをもっと活用するためのコツを勉強したり、写真を取りに行ったりする部

ー当時は僕は入ったばっかりで、たまたまインスタグラム部を見てたんだけど、こんなキラキラしたところあるんだって正直入りづらかった(笑)。最初はどんな感じで朝渋に入っていきましたか?

こくえり「コミュニティってオンラインだけで終わっちゃうのも多いなって思っていて。でもそれは嫌だったので、とりあえずイベントの参加ボタン押しちゃえ!って行きました。」

どきえり「私も、気になった部活に、まず参加ボタンを押すってやりました。押しておいて行かない時もありますけど(笑)でも、まず押さないと、行く気にもならない。なので、イベントページ見て楽しそうと思ったら、押す!(笑)」

ーまず行動。意外にふたりとも最初はドキドキしてたんですね。

どきえり「最初は、オフ会(※)やチームモーニング(※)より部活の方がやることや話題が明確なので気を使わなくていいですね。その次にリアルで会えば、その時の共通の話題にもなるし。だから最初は部活に参加をおすすめします。」

こくえり「うん、『部活何入ってるんですか?』って言われるけど、入っているっていうよりは、行ったことがある、の方がしっくり来る。一回しか行ったことないものもあるし(笑)」

※オフ会:月に1度、メンバー全員対象のリアルで会う場
※チームモーニング:10名弱のチームを1ヶ月毎に編成し、早起きにチャレンジ。この1ヶ月の間にチームメンバーでモーニングをするのが朝渋の恒例。

—ウクレレについて聞かせてください。ウクレレを始めたきっかけはなんですか?

どきえり「さっき言っていたインスタグラム部です。家に楽器がいくつかあるんですけど、家では練習できないんです。なので、もっと家で練習できる楽器が欲しくて。あと、公園や路上で演奏して、子供達が集まってくるようなことをしたかった。ウクレレはこの2つが叶えられる!って思いました。」

こくえり「私もインスタグラム部です」

—インスタグラム部なのに、ウクレレなんですか?

どきえり「それは、しんさん(ウクレレ部部長)が来てて、ウクレレを貸してくれたんです。それでずっと弾いてたらハマっちゃって、気がついたら買ってました。」

—気がついたら(笑) 朝渋メンバーはいつの間にかウクレレ持っている人が多いよね(笑) そのあとは?

どきえり「しんさんがウクレレ部立ち上げてくれたんです。部活に参加して、しんさんの短期レッスン行って、という流れですね。しんさんとの出会いですべてが変わりました。」

ーすべてが変わるってすごいですね。こくえりはどうですか?

こくえり「短期レッスンは1ヶ月、週1回行ってました。それ以外の時間はリフレッシュのために弾いたりしてて。最近は、ウクレレ弾きたくて帰る時もあるぐらい。隙間の時間があれば弾いてます。」

どきえり「私は家に友達が来た時とかに弾いて、みんなで歌うこともしますね。」

こくえり「あ、そういえば、この前会社でウクレレ弾きました!」

—おお!すごい!

こくえり「毎日のようにウクレレ持って会社に行くので、『ウクレレ(笑)』みたいな感じだったんです。でも、この前社長が『疲れたからウクレレ弾いてよ』って言ってくれて。弾いたら社長が歌ってくれて。『癒されたぁ』って言ってくれたので、とても嬉しかったですね。」

—それはめちゃめちゃいいですね!そういえば、この前も朝渋のオフ会でも弾いてましたよね?

どきえり「そうそう!あれは場をお借りしたみたいな感じで、練習のためにしたんです。演奏する場が欲しいです!と言ったら、じゃあオフ会の前座でやれば?と弾かせてくれました。」

—朝から2人の演奏聴いたら、楽しくて、テンション上がったんですよね。

こくえり・どきえり「えー!すごい!嬉しい!」

ー今後、朝渋のみんなでこんなことをしたい!とかありますか?

どきえり「最近、『平日休暇部』っていうのを開催してます。あと朝のお花見を企画しました!その名も『四季を感じる部』。これから、四季を感じるために、初夏はピクニック、秋は紅葉見に行ったりとかしたいです。」

ー確かに、毎年秋に紅葉を見に行こうと思っても、なかなか動き出さなかったりしますよね。

どきえり「ですよね!私もそうなります。」
こくえり「やってみたいな、行きたいな、っていうのは全部行きたいです。冬スノボ行ってくれる人いるかな?(笑)」
どきえり「朝だったら難しいかもですね!行って終わっちゃう!(笑)」

ー(笑)

どきえり「あとは私の周りの友達にもっと朝渋に入って欲しい!いいものはみんなに広めたい。楽しいし、会うなら朝会おう!って思います(笑)あとは朝渋のオフ会のウクレレ前座を続ける!」

こくえり「ウクレレのレベルアップを皆に見届けてもらうっていうね(笑)」

ーこの前のオフ会でも「夏色」と「チェリー」と「さんぽ」とすごく良かったですね!

こくえり「ウクレレは奥が深いんですよね。」

どきえり「しんさん見てると手の動きが全然違うんです。私たち、まだひよこにもなれてません(笑)でも、始めやすいのがウクレレの良いところです!」

こくえり「そうそう。家にピアノはあるんですけど、ずっと置きっぱなし。ウクレレはかわいいし、気軽だし、ベットの横に置いてます。音楽は何かやりたいと思っていたけど、披露する場もないし、一緒にできる人もいないから、なかなか頑張れなかったんですよね。」

ー自分に芸がないって少しさみしいですよね。でもウクレレって聞くだけでちょっと陽気な感じがしますね!

どきえり「ギターとかは、家で練習しにくいじゃないですか?ウクレレは持ち歩きもできるし、ちょうどいい!」

こくえり「軽い・安い・簡単!」

ーすごい、ウクレレめっちゃ好きですね!笑

この日は何も事前に打ち合わせていないにもかかわらず、服のコーディネイトもほぼ一緒だった二人。

インタビューの中でも「それ私も!」とシンクロ率がとても高い印象でした。

朝渋で出会った二人ですが、こんなにシンクロする人に出会えるというのも朝渋の醍醐味かもしれません♪

【インタビュー・構成・写真:朝渋note部】
朝渋note部は朝渋の部活の一貫として、メンバーインタビューを中心としたnote運用をしております。

【朝渋note部メンバー】
インタビュアー:高橋秀誓
構成:須崎千春
編集:上山美樹
写真:矢野拓実
note部部長:長田涼/5時こーじ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12
朝活コミュニティ「朝渋」のnote部です!朝渋、朝活の情報や、朝に関する情報を発信していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。