ムラタの2019年超抱負

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

12月31日の深夜対応から始まり、1月1日から今日まで怒涛の毎日でしたがようやく落ち着いてきました。

毎年毎年、自分なりの1年間を振り返って目標設定して行動していますが「目標を誰かに言う」ことで満足してしまうタイプなのでできるだけ口外しないようにしています。

そこで、今日は現在開発しているサービス『CAMPFIREファンクラブ』の今年のテーマを紹介したいと思います。このテーマを公開しようと思ったのはpolca事業部の山田さんが書いた記事でpolcaのテーマを発表していたことがきっかけです。メインサムネイルの餃子がなんのつながりかわからないですがよかったらpolcaの記事もお読みください。

polcaの2019年超抱負 @polca_jp|note(ノート)
https://note.polca.jp/n/ne59751dd7913

2019年のテーマ:「Welcome to Community」

昨年まで1名だった運営体制もデザイナー、フィールドセールス、インサイドセールス、エンジニアが集まってきて今では7人と少しずつクリエイターをサポートできる体制が整ってきました。1人では抱えきれない問題や悩みを誰かと共有できたり、一緒に課題を解決する楽しさを分かち合えるのはとても幸運だと感じる毎日です。

『CAMPFIREファンクラブ』では様々なコミュニティが生まれています。アーティストやアイドルの活動を支援する「ファンクラブ」タイプ、タレントやインフルエンサーと交流する「オンラインサロン」タイプ、毎月新鮮な野菜や衣服をお届けする「サブスクリプションタイプ」など、起案者とパトロンの交流を軸として様々な価値観が育まれています。

Welcome to Community」は、コミュニティを立ち上げようと挑戦しているクリエイターに伝えたい私たち自身のマインドセットです。

「ファンクラブを立ち上げたいと思い立ってもノウハウがないので不安」「オンラインサロンやってみたいけど運営方法がわからない」など挑戦するクリエイターの背中を押すために私たちのチームは存在しているといっても過言ではないかと思います。

下記の画像は社内資料に添付したテーマイメージとポエムです。
(恥ずかしい...)

今年も様々なコミュニティをデザインし、コラボレーションを加速させていきます。本年も何卒よろしくお願いいたします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

日高屋か富士そば、どっちがいいですか?
32
いつもありがとうございます!「CAMPFIREファンクラブ」の開発を担当。 平日はほぼ渋谷に宿泊してサービスの開発を続ける。

コメント1件

餃子は、SPECへのリスペクトです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。