見出し画像

古地図散歩「丸の内・大手町」コース 配付資料公開

歩き旅応援舎

当舎で開催している古地図を使った町歩きイベント「古地図散歩に行こう!丸の内・大手町」コースの配付資料を公開します。

web古地図散歩の中にも同じものが掲載されていますが、解説なしで配付資料のみをご覧になりたい方はこちらからお願いします。

このコースは東京を代表するオフィスビル街の丸の内と大手町をめぐります。武家屋敷街から明治、大正、昭和をへて現在の町へと発展していった足跡を、ビルが建ち並ぶ中に探しにいきます。

丸の内に残る江戸時代の道や明治から昭和初期にかけての近代建築の一部や、大手町にある江戸城外堀の石垣の遺構など、これまでのイメージとは異なる丸の内と大手町を発見してください。

右クリックでダウンロードが可能です。A4用紙4枚に両面印刷をして左側を綴じれば冊子になります。

この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像8枚

東京を代表するオフィスビル街の丸の内と大手町。新しいビルばかりに見えますが、実際に歩いてみると江戸時代の武家屋敷からの発展や、明治から昭和初期にかけての近代建築の遺構などがあちこちに見ることができる面白い町です。まだ知らない丸の内と大手町を発見しに行きましょう!

web古地図散歩「丸の内・大手町」コースの1~6と配付資料がまとめてご購読いただけます。 歩き旅応援舎で開催している町歩きイベント「古地…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!