Thisablesのコピー

いつもの家具が小さな工夫でバリアフリーに。IKEAイスラエルのThisAbles プロジェクト。

今日は来月2月1日に日本科学未来館でのイベントに来日する、デザイナーのマリアーナ・ベンダビッドさんが関わっているIKEA イスラエルのThis Ablesプロジェクトについて紹介します。

▶︎ThisAbles プロジェクトってなあに?

IKEAイスラエル発のプロジェクトで、障害のある人たちが家具を使いやすくするため、補助器具の3Dプリント用データをオープンにして無料公開しているプロジェクト。

以前こちらで紹介したイスラエルのNGO ミルバットと、Access Israel(*障害のある人のアクセシビリティに取り組んでいるNGO団体)、そしてIKEA イスラエルの3者が協働で障害のある人にも使いやすい家具の補助器具を作成しました。

▶︎ ThisAblesってどういう意味?

英語で “障害”を表すことばは”Disability”。でも、これって実は結構強いことば。Ability(能力、できること)の前に否定を表す“dis” がついているため、やもすれば能力がない、欠陥しているというネガティブな意味合いを持ってしまいます。

このプロジェクト名の “ThisAbles” は同じ語感を残しながら、「これはできる(ThisAble)」とポジティブな意味合いにガラッと変換しているところが、なるほどのネーミング。

ちょっとした工夫で家具が使いやすくなる補助器具。その3Dプリンタ用データが全部で13個開発され一般に公開されています(2020年1月14日現在)。

画像1

開発されたのは

● 家具の引き出しの小さなつまみや電気スタンドのつまみをもっと大きくして、細かい作業が苦手な人も楽々できるようにするツール
● ソファーの座高を高くして、座ったり立ったりするときの体への負荷を軽減するソファーのつぎ足
●液体の入ったグラスを手に持って近づけるのが困難な人でもベッドのヘリにおいて距離なく使用できるようにするためのカップ
●自分の指先を細かくうごせない人でも手の甲に器具をつけることで、絵や文字をかけるようになる器具

などなど。

また、もともとThisAbles は無料の3Dプリンタ用オープンデータ(*誰でもアクセスできるようデータだけ無料で配布している)になるため、製品として世界のどのIKEAに行っても今のところ販売はされていません。その代わり、3D プリンターにアクセスできる環境だったら、世界中誰でもダウンロードして使えます。

でも、ほとんどの人は3Dプリンターなんて周りに持っていませんよね。

じゃあ。どうやったら、実際の製品が手に入るのかというと。

もし日本に住む私たちがThisAblesの器具が使用したい場合は、下記のようなやり方があります。

1) ネットで「3D プリンターサービス」などのキーワードで検索をかけ、オンラインでデータを送り発注する。
2) 住まいの地域に近いファブ施設に行き、そこの機材を使い出力させてもらう。施設使用料と材料費を払えばOK.

* ファブ施設 … 3Dプリンターやレザーカッター(ファブ機器と呼ばれます)などが使えるものづくりのための工房。全国に163箇所(*2019年度fabcross 調べ)ほどあります。 一部のリストはこちら

「それって、めちゃくちゃ高いんじゃないの?」とファブ初心者としては思ってしまうのですが、ファブ施設では1時間の使用料も数百円程度が一般的。業者さんに頼むよりお得⭐︎ &機材の使い方なども教えてくれます。データは下のページからダウンロードできます。

ThisAblesのプロジェクトのHPでも「自分自身の持っている3Dプリンターか3D プリントサービスを行っている会社に連絡してみてください。」とのメッセージが。

最後に、このThisAbles プロジェクトについて注意点がひとつ。こちらはIKEAのイスラエルが独自でおこなったもので、日本には入ってきていないもの。(またIKEAは世界最大の家具メーカーだけあって、ライセンスなどは各国で違うのだそう)現在は日本のIKEAさんに問い合わせいただいても説明できる材料はないので興味のある方は、本家のThis Ables projectのHPからアクセスしてみてください。

2月のシンポジウムでは開発話のほか、実際の器具も展示会場にて展示されるので、実際に触ってもらえますよ。

詳細&お申し込みはこちらまで。 

画像2



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。