JPEGイメージ-FD85349AC281-1_2

12月31日締切 オランダのアートコンペ

スマッシュ・ザ・ナラティブ “それ描いちゃダメ!” 
(Smash The Narrative ‘You Can’t Paint That!’ )

【募集内容】
この隔年コンペは、アートの力で政治的および社会的な主要問題への大衆による議論を促すことが目的です。コンペ名の「Smash The Narrative」は、「通常概念を叩き壊せ」。今年のテーマは“それ描いちゃダメ!(You can’t paint that!)”で、タブーや検閲を意味します。これは、政府、教育機関、大規模なIT企業による取り扱い事案として適切かどうかの判断に関する、現代社会の重要な問題です。

特定の考え方を避けるべき、または抗議を避けるため芸術的または知的表現を制限する必要性を問われた場合、アーティストとして何を感じるのかを表現して下さい。多数派の意見に異議を唱え、社会的概念に問題意識を促す作品に期待します。

変化し続ける世の中の考え方をアーティストとして分析し、一般大衆にインパクトを与える方法でそれを表現して下さい。作品を目にする人の心に深く問いかけ、今まで考えもしなかった世界を見せて下さい。

例:
・大企業が社員のプライベートでの発言をコントロールする。オンラインで友達に発したたった一行の「不適切な」文章のせいで仕事をクビになり、犯罪者にもなり得る。
・家庭内で、なくされるべきタブーとは?
・性的描写は、暴力的描写より受け入れがたいか?
・社会の主流から外れた人々は、批判や嘲りからの特別な保護が必要なほど、困難を抱えているか?

パフォーマンスやビデオアートのような表現以外の、彩色画、素描、ミックスメディア、彫刻、インスタレーション、写真など、ほとんどの芸術分野で応募可。複数アーティストによる作品可。

注意:作品が選出された場合、アムステルダムの展覧会会場まで作品を「手渡し」でき、現地でのオープニングイベントにアーティスト本人(または代理人)が参加できることが、応募の必須条件。(2020年3月7日から展覧会開催予定。)


【締切】
2019年12月31日(火)

【賞】
第一等:賞金2,500ユーロ
第二等:賞金1,000ユーロ
第三等(オーディエンス賞):500ユーロ相当の画材

優秀作品25点は、2020年春にアムステルダム所在のNSDM Fuse Galleryにて、一カ月間展示予定。


【提出物】
テーマ:
“それ描いちゃダメ!(You can’t paint that!)”。
現代における表現の自由と検閲。

展覧会会場が階上に位置するため、水彩画や油画のような彩色画(painting)または素描(drawing)の場合、3m×3m以内。オンライン応募の際はJPEGで、1000×1000 ピクセル以上、72 dpi 以上。

2017年以降に創作された作品に限る。
可能であれば当コンペ用に作品創作を推奨。


【提出方法】
公式サイトでアーティスト登録し、作品画像をアップロード。
http://www.smashthenarrative.com/


【参加資格】
優秀作品25点に選出され招待を受けた場合、アムステルダムの展覧会会場に作品を手渡し可能で(郵送 / 国際宅配便は不可)、展覧会のオープニングに本人(または代理人)が参加できること。以上の他は不問。

【参加費】
無料

【提出先】
公式サイト
http://www.smashthenarrative.com/


【元ページ】
http://www.smashthenarrative.com/


_____________________________________________________________________________
・日本から応募できる海外のアートコンペを日本語でご紹介しています。
・コンペ内容については主催元へお問い合わせください。
・応募の際は必ず主催元ページで最新情報をご確認の上ご応募ください。_____________________________________________________________________________

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援ありがとうございます。サポートいただいたぶんは、コンペの収集&翻訳スタッフへのお給料にあてさせていただきます。

ありがとうございます!
4
アーティストを応援する出版社 artbook 事務局。海外のアートコンペを日本語に訳してお届けしています。https://www.instagram.com/artbook_jp/ お問い合わせ→book@sagawayasuko.com