誰にでもできて、誰もできないこと

画像1 生きてく社会は、誰にだってできることで溢れてる。そう思ってしまう日々
画像2 取り替えはきく。想像以上に、世界には人が溢れてる。事実か、思い込みか
画像3 それでもきっと、意外と身近なところで、意外と自分が必要とされていたりもする
画像4 生きてく理由は意外と、単純なものなのかも

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありんこのページ、いつも読んでくださってありがとうございます!スキやコメントも喜んで見させていただいてます。 フォローやシェア、ほんのちょっとのサポートがとても大きな励みになってます。

いつも見てくださって、ありがとうございます^^
82
フォトグラファー / フィルム作品とことば / 都会から逃げておだやかな瀬戸内へ移住、香川県で小さなシェアハウス運営してます / ブログ https://arinkosan.net/ Twitter@arinkolog

コメント5件

そうですね、結局ものは考え用なんですよね^ ^それをわかっていても、常に楽観的でいられるわけじゃないですが。
そこは人間と機械との違いだと思っています。頭でわかっていても思うようにできないのは人間らしいかもしれませんね。
“物は考えよう”ということわざは初めて知って、日本語の勉強になりました。ありがとうございます^_^
なるほど、それが人間味のある部分なのかもしれないですよね^^
日本語って難しくも、面白いですよね。
corailさんは留学生さんなんですね、日本語すごく上手ですね、全然違和感がないです。
そう言っていただいて嬉しいですが、実は日本語を操るのにすごく気を使っています^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。