人の暮らしとフィルム。写真を撮ること

画像1 冬の寒さとあたたかさ。
画像2 なにか綺麗なものをみた時に感じたことは、写真にすべて表現できるわけじゃない。誰かが撮った、何かをうつした写真が綺麗だったとしても、本物は本物。写真は写真。で、まったく違うものだったりする。でもどっちも美しい。
画像3 写真を撮るときは、なにかを感じてシャッターを切る。でもシャッターを切ったときに感じたことと、現像をした写真をみたときに感じることは違ったりする。
画像4 写真をみて心を動かされる人が多いと、それが良い写真だとされる。でも心の動かされ方は人それぞれで、撮影者の意図とはまったく違うこともよくある。
画像5 良い写真、悪い写真って、本当はそんな見方はなくて。撮影者が感じたことを写真に表現できたと撮影者が感じれば、それは良い写真なんだと思う。写真も、ことばも、他の表現方法も。自由にやればいい。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありんこのページ、いつも読んでくださってありがとうございます!スキやコメントも喜んで見させていただいてます。 フォローやシェア、ほんのちょっとのサポートがとても大きな励みになってます。

いつもありがとうございます!とっても嬉しいです^^
132
都会から逃げて香川県へ移住、写真と小さなシェアハウス運営をして生きています。 YouTube(ARINKO LOG) / ブログ https://arinkosan.net/ クマレル(https://kumareru.com/kuma-503.html )

こちらでもピックアップされています

写真とことば
写真とことば
  • 101本

フィルム写真にことばをそえて、発信してます。

コメント (11)
はじめまして!素敵な写真ばかりでほっこりしています。これからの更新も楽しみにしています!
みかげさん、コメントありがとうございます!ろう言っていただけると嬉しいです!!励みになります^^
初めまして!
凄く詩的で素敵な御写真ですね
お陰様で凄くホッコリさせて頂きました☆
アッシュさん、はじめまして。嬉しいコメントありがとうございます!
わたしもアッシュさんのコメントにほっこり、させていただきました^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。