見出し画像

【ハワイアン・ミュージック#9】'Ā 'Oia

'Ā(oh!) 'Oia(thatʻs right!)。タイトルからしてテンション高いこの曲は、超かわいい子をタイトルどおりのハイテンションで口説き落とす曲です。盲目のシンガー・ソングライターJohn Kameaaloha Almeidaによって、1940年代に書かれました。

音楽の才能ばりばりなJohnは、なんと4才でウクレレをマスター。25才までにスチールギター、バイオリン、バンジョー、ベース、サックス、ピアノまで習得したといいます(Wikipedeiaしらべ)。生涯で300曲以上も作ったJohnは、恋に生きる男でもありました。私が知っている彼の曲は全部ラブソングです。彼の家族はハワイ語で会話をしていたため、彼はハワイ語で詩を書くことができました。これって実はすごいことなんです。

1893年、ハワイ王国が滅亡し、アメリカ合衆国の支配下におかれます。新政府は教育は英語のみと定め、学校でハワイ語を話した生徒は厳しい罰を受けたそうです。Johnが生まれたのは1897年。「ハワイ語で友達と会話する」ことができなかった時代に学生時代を送ったはずです。彼の詩に、ときおり英語が混じるのは、そんな時代背景を反映しているのかもしれません。

彼の代表曲のひとつ、Green Rose。タイトルがすでに英語です。ハワイアンソング界のレジェンド、Genoa Keaweバージョンでどうぞ。


Johnが作った名曲は、たくさんのアーティストによって歌い継がれています。もちろん、'Ā 'Oiaも。

Kahauanu Lake Trio、素敵です!あまりにも素敵なので、こちらも紹介しておきます。

さいごに、'Ā 'Oiaから好きなフレーズを。

He u'i 'i'o nō ka wahine leo hone
He manu leo le'a ia o ke kuahiwi


読み解くヒントはこちらです。
He u'i(美しい) 'i'o(ほんとうに) nō(すごく) ka wahine(女性) leo(声) hone(甘い)
He manu(鳥) leo(声) le'a(楽しい) ia(それは) o ke kuahiwi(山の)

意訳してみました。

あの子の甘い声はほんとうに美しい
山で楽しくさえずる鳥の声みたい

楽しんでいただけましたか?
それではまた次回。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!ありがとうございます♡
3
兵庫県尼崎市と島根県松江市でフラレッスンをしています https://kaohuilima.com/ 年3回ハワイに行き、師のもとで伝承文化としてのhulaを学んでいて、2020年、卒業の儀式の1回目を迎える予定です。愛犬はコタ(ジャックラッセルテリア♂9才)。

こちらでもピックアップされています

ハワイアンミュージック
ハワイアンミュージック
  • 9本

お気に入りのハワイアンソングを紹介するマガジンです

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。