アルフェテ工作室 やぎ

アルフェテ工作室のレシピ帖 初級編

すべて見る

“ 動く星座をつくろう ”  図画工作のレシピ  #アルフェテ工作室

今日は、流れ星が止まらない日。今を逃したら、一年後まで星は流れてきません。   「星をつかまえることができたらいいのに。」 魔女見習いは、思いました。   確か、星を集める魔法の書があったはず。   朝になる前に星をつかまえたかった魔女は、地下室の書庫から魔法の書「星ヲヨブコエ」を見つけ出して、読み始めました。   早速。覚えたばかりの魔法をかけて、星を呼びました。    ホシフルアナタノソバニイタイノソイソイソイ すると。流れ星がこちらの方にやってきました。 魔女のテー

スキ
2

“ にんじん、ちっちゃっい? ”  図画工作のレシピ  #アルフェテ工作室

  カブ、トマト、人参、りんご、南瓜、苺。   大きい順に並べてみましょう。 さぁ。できるかな?   魔女は、言いました。   野菜(果物)たちの大きさってどれくらい?   紙を広げて描いてみる。 画用紙を切ってみる。 野菜をつくってみましょう。   できたら本物の大きさと比べてみよう。    思い込んでしまっているもの結構あります。こんなふうに大きさに注目してみるとオモシロイ。   さぁ。順番がわかったら、魔法をかけましょう。    もしかすると、バレーボールくらいの大き

スキ
1

“ 4色ゲームであそぼう ”  図画工作のレシピ  #アルフェテ工作室

三角であそぼう。4色であそぼう。 4つの色三角形をいくつも切ろう。   三角が切れてたら、角と角を張り合わせ行きましょう。   このとき。ルールをつくります。   それは、同じ色が重ならないように貼ること。   黄色の隣には、オレンジ、緑、青。けれど。黄色を貼ることはできません。  そうやっていくと。だんだん広がってくる。 ぺったんこ。平面でもなくても大丈夫。   お互いを少し寄せて貼っていくと。サッカーボールみたいにだんだん膨らんでくる。  誰かと変わりばんこで、貼

スキ
3

ボクもリモートワークしたい!

  みんなパソコン開いててずるい。ボクだって。ワタシだってパソコンの向こう側の人とおしゃべりしたい。   どうせなら。パソコンをつくってみない?   そういえば、大人は、どうしてみんな同じ色ばっかり持ってるの?   好きな色おパソコンをつくろう。ボタンって何あんるんだっけ? どうせならステキな音がするキーボードをつくろう。 ボタンの色も変えよう。四角のボタンばかりでなくてもいいのかもしれない。  私たち大人が気がつかないうちに決めつけているこどもが喜びそうなもの。そんなもの

スキ
3

ぼくらのこども案内

すべて見る

ボクもリモートワークしたい!

  みんなパソコン開いててずるい。ボクだって。ワタシだってパソコンの向こう側の人とおしゃべりしたい。   どうせなら。パソコンをつくってみない?   そういえば、大人は、どうしてみんな同じ色ばっかり持ってるの?   好きな色おパソコンをつくろう。ボタンって何あんるんだっけ? どうせならステキな音がするキーボードをつくろう。 ボタンの色も変えよう。四角のボタンばかりでなくてもいいのかもしれない。  私たち大人が気がつかないうちに決めつけているこどもが喜びそうなもの。そんなもの

スキ
3

5分間ワークショップ!? | 大人がこどもに学べること

こどもたちの一筆にも一球入魂の瞬間があります。    大人に負けないその集中力は、何かが生まれる瞬間。静かになるとき。周りがピタッと止まるような感覚があります。   その瞬間を目撃できる私たちは、幸運だなぁと思っています。  それは、ちょっと羨ましくもなるのです。   いつでもできる。 いつでも見れる。 いつでも話せる。   これによって10年前よりも自由な時間が増えている代わりに、その瞬間に集中して取り組む時間が減ったように思います。   何かに無心になる時間は、すごく心地

スキ
1

伝えられるこども

森に葉っぱが散っているところを描いてみました。ワークショップの様子です。ひとつずつお話を聞いていくと、ことばにできないところというのが出てくることがあります。    伝えられないこどもたちの絵を見て、何を描いているのか?わからないときってありませんか?   例えば、もやもやの多くは、お互いが伝えることができていなことがある場合に多い気がしています。   自分がこどもときを思い出してみると。 なんて言っていいのかわからなかったことがたくさんあったように思います。そうじゃないの

スキ
2

近道って悪いこと?|こどもといっしょに体験したいこと

  ◯ こどもの頃。楽をしたらダメ。と何度も言われた覚えがあります。   真面目に考えると。近道ってズルイことのような気がするのだけど。本当にそうだろうか?と最近考えています。そろそろそういうことを更新していく時期なのかも。   それは、苦労すること自体には、意味がないと思うからです。   どうしても汗をかいた方が、美徳とされるのもわからなくはないけれど。   根性論だけでは、解決はしないことがたくさんあると思います。   けれど。私たちも体育会系の考えを強く持っていました。

スキ
1

何かをはじめたいと思ったら

すべて見る

肩書きから自由になれる場所を探してます

大切な人とか。自分のこととか。そういうことを後回しにして。仕事に溺れてしまう人は、少なくないかもしれません。   誰かのカラダのための食事をつくる料理人も朝から晩まで働いてる。    生活の豊かさの手がかりを届ける編集者だって、片手に食事を摂る。   豊かなものを売っているお店の人も。営業の人も。売り上げを無視できずにいたり。   例えば、豊かさを届ける仕事をしている人たちも、自分を消耗しているということが気になっています。   その違和感が少しでも変わるにはどうしたらいいの

スキ
1

何かをはじめようと思ったら

すごく。すごく。 個人的なことを書いていきます。 ソロ活動です。(かっこつけすぎました。)   ワークショップを始めて8年目に入ります。    アルフェテ工作室というワークショップ専門のチームを運営してます。   これまで考えてきたメニューは、300種類を超えました。ものづくりは、料理に似ているかもしれません。   実は、いつまでも考えられるものだと思います。 僕が開催しているワークショップは、ものづくりに限りません。   今。考えてることは、どちらかというと。    『

スキ
2

アルフェテ工作室今週のオススメ

すべて見る

今週の工作みつけた!!02

こどもたちの工作って大人が見てもたのしいです。いつも色々と探して見ているみなさんの作品の中からステキだなぁと思ったもの集めて見ました。 電車を良く観てるのが伝わってきます どんなこと思ってるの?鬼のきもち 大きく泳いでる? お花のダンスたのしそう もう君はエンジニアだね 今週は、甘いものをつくってみます 工作してあそびたくなったら? 100種類を超えるものづくりの実験動画は、こちら

スキ
2

今週の工作みつけた!!

こどもたちの工作って大人が見てもたのしいです。いつも色々と探して見ているみなさんの作品の中からステキだなぁと思ったもの集めて見ました。 ゴールが決まった後なのかな?  やさしい運転手さんが乗ってそうです 表情が気になる!! お父さんも負けてない ちいさなパッケージデザイナー アルフェテ工作室も毎日工作していますよ。

スキ
2

今週のおすすめ アルフェテ工作室

アルフェテ工作室    Instagram https://www.instagram.com/arfete/ WEB  arfete.com Facebook https://www.facebook.com/pages/Arfete/100208463460988 twitter https://twitter.com/AFTERSCHOOOOOL

はじめての『ワークショップ』を応援します。

すべて見る

◎魚の釣り方の続き | ワークショップを選ぶ理由

◯ 習い事を選ぶとき。どんなことが決め手になりますか? ものづくりを選ぶみなさんは、こどもたちがまず好きかどうか?を基準に考える方も多いようです。 その他には ◎感性を育てたい ◎発想力を育てたい ◎世界を広げて欲しい ◎独創性を伸ばしたい ◎こどもといっしょに楽しみたい ◎色々なおともだちとの出会いを体験して欲しいなど  お母さんたちの参加理由は、様々ですが以上のような方が多いようです。   私たちは、こどもたちの経験値を上げるための提案をしたいと思っています。特に『

スキ
1

◎一度きりでも参加していいの? | 知っておきたいワークショップのこと

   もちろん。一度きりでも。はじめてでも大丈夫です。    私たちのワークショップは、単発で参加できるものと。継続して体験できるものがあります。   単発でも参加できるようにしているのには、できるだけ開かれたワークショップをつくりたいと思っているからなんです。 けれど、ちょっと宣伝ぽくなってしまうのですが、一度きりよりも、数回経験した方が見つかることってあるんです。     ◯ どうしてものづくりなの?私たちがものづくりをしているのは、その過程にたくさんの体験を込める

◎こどもたちのためのスケッチブックの選び方 初心者編

スケッチブックってどう選んでる?ワークショップに参加されるとき。道具のことって気になりますよね?お母さんたちに質問を頂くこともあるんです。 そこで、絵を描くことがもっと楽しくなる道具のお話もお届けしていこうと思います。 まずは、スケッチブックのお話から。 ○ 実は豊富。サイズの種類スケッチブック。イメージはつくけれど実際に文具店で見てみるとそのサイズの種類の豊富さに驚いてしまいます。 大きい方がのびのび描けるかなとか。小さい方が持ち運びには便利だな、とか。 スケッチブ

スキ
1

◎5歳にとって90分は、短い!? #はじめてのワークショップ

経験値が世界を広げる ○ワークショップは、自由です。  私たちがみなさんにお届けしていきたいことは、例えば経験の機会をつくることです。   机の上の世界は、決して大きくないかもしれません。 けれど、ものがたりがあれば、森くらいの世界の広さを感じることがきっとできるはず。 アルフェテ工作室には、3歳くらいから参加してくれるこどもたちがいます。年齢ごとに分けない。ということも私たちのワークショップの特徴のひとつです。 そんな年齢でもできるの?と思う方も多いかもしれません