建築模型から見えてくること
見出し画像

建築模型から見えてくること

思いこみにより形を想像し、自分の都合の良いようにその想像をリードし、妄想の上で建築を創造する。

変な意味でも全くなく、どんなに優秀な建築家でも空想の中だけの建築は無意識のうちに理想化されているものです。

なので、頭の中での建築を1度外に出して見て、客観的に毎回確認していくことが大切になっています。

スケッチや模型による検討は、その理想と現実を整合させ、よりブラッシュアップしていくための大切な行為です。

模型は一度作って満足してしまうものではありません。

手間はかかりますが、小さな変化でも模型を作り直し、根気強く確認していくことが大切になってきます。今回はそんなお話です。

https://www.youtube.com/watch?v=c2-w6gS6uo0

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
西和人/Archlife

建築に関して様々に情報を配信していけたらと考えています。 興味を持っていただける記事作成のため、ご要望や質問等も随時承っております! 何かありましたらkn@archlife.jpまでよろしくお願いいたします!

ありがとうございます!