見出し画像

【基礎編】Adobe XDのオススメ便利機能!

こんにちは!
アーキタイプのK.Kです!

今回は、【基礎編】Adobe XDのオススメ便利機能!ということで、簡単に説明していきたいと思います!

Adobe XDとは

Adobe XDは、ワイヤフレーム、ビジュアルデザイン、インタラクションデザイン、プロトタイプ化、プレビューなどができるオールインワンの強力なツールです。
Adobe XDは、操作方法が非常にシンプルで、直感的に使えるため、デザイナー以外でも使い始めやすいと思います。
最近では、デザイナーだけではなく、ライターやディレクターの方々にも幅広く使われています。

Adobe XDでできることは基本的にこの動画を見れば確認できます。
AdobeのXDスタッフによる解説で英語ですが、
XDは直感的に操作できるため、何をやっているかは英語がわからなくても理解できるかと!

Adobe XDのおすすめ機能

Adobe XDの基本的な機能は、デザイン作成やプロトタイプの共有などがあります。
今回はよく使われるオススメ機能の中からいくつか紹介します。

①レスポンシブデザイン

Webのデザインでは、既に対応して当たり前のレスポンシブデザインをXDを使えば効率的にサクッと作成可能です。
こちらのAdobe公式XD解説動画をみれば大体の使い方は理解できます。
AdobeではXDにしかできないユニーク且つ便利な機能です。

② リピートグリッド

同じコンテンツ配置が多い際に、1つずつ作ることは面倒ですよね?
ここでとんでもなく便利なのがリピートグリッドです。
要素を好きな間隔でコピー、それぞれのグリッド要素を個別に編集することが可能です。

③ プロトタイプ

XDのプロトタイプモードは、作成したデザインでページ遷移などを確認することができます。
実際にページ遷移などを確認すると、完成したときのイメージを掴みやすくなるだけではなく、
ミスの早期発見にも繋がります。

④プレビュー

USBでスマホやタブレットを接続し、リアルタイムで作業しながらデザインを表示させることができます。
XDモバイルアプリでも作成したデザインを実際のデバイスで確認する事ができ、とても便利です。

⑤スタック機能

まとまったコンポーネントの配置や順序をドラッグするだけで簡単に入れ替える事ができます。
こちらは昨年追加された新機能で、特にイチオシの機能です。

また機会があれば、新機能や便利機能をどんどん紹介していきたいと思います!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
アーキタイプの公式noteです。 ウェブサイト・サービス・アプリ・IoTのUI/UXデザインやクリエイティブ人材の育成、就業支援などを行っています! ここでは、最新のUI/UXに関する情報や制作の裏側、社員紹介などをお届けします。 https://www.archetyp.jp