根津耕昌/Kousuke Nezu

歌詠み、物書き、a naturalist。「あらたま◎農藝舎」主人。宮崎県の山奥で植物栽培と神楽、四季の移ろいのなかから自然の叡智を学ぶ機会に恵まれつつ、農から未来を見つめなおすリトルプレス『農藝ハンドブック』等を発酵宙です。http://aratama.theshop.jp/
固定された記事

農藝ハンドブック vol.2 「山と生きる」超圧縮編集版 「Homo rehabilis――母なる自然と精霊の神楽」

焼畑に魅せられ、初めて椎葉の土を蹈んでから二年。  ある種の神秘が時としてもつ必然に導かれるかたちで村内に移住先を探すこととなった僕は、火入れを終えた藪(ヤボ)―...

"the unexpected universe" shibuya shiro mini album PV

自然栽培柑橘農家で創作ライアー作家&奏者のShibuya Shiroくんがリリースしたmini album "the unexpected universe"のPVを製作させてもらいました◎ よろしくご高覧の上...

腎を補う

三年ぶりの関西で、人から聞いたり体感したりして確認しつつあるのは、やはり慢性的な被曝が広まっているのだな、ということ。要因は主に、汚染された食品が流通によって運...

Homo rehabilis--10% humanであるということ

つらつらに語れども、なほ語りあへぬ姿その儘(まま)咲く すひかづら ニンゲンと呼ばれているものの一割がヒト、九割がヒトの腸内等に棲む微生物(細菌や古細菌、菌類、ウ...

『いのちとみそ』(冨田貴史著)

味噌にまつわる過去・現在・未来の知恵を、いのちの本質に立ち返ってわかりやすく語りあげた本書は、これから味噌に親しもうという人から、より深く味噌と親しみたい人まで、老若男女すべての方におすすめの一冊です。https://aratama.theshop.jp/items/13844995

宮崎県椎葉村向山日添地区の焼畑は当初8/3に実施の予定でしたが、天候により8/6か8/7の実施を検討中、とのことです。セール終了もその日付に準じます。

*発売一周年記念20%offセール*農藝ハンドブック vol.2 「山と生きる」 https://note.mu/aranono/n/n4e8e68160255