見出し画像

ドキュメンタリストは儲かるのか。

 ドキュメンタリストとは、「 広告表現とジャーナリズムのいいところを組み合わせ、社会課題の解決に貢献できるような表現に取り組む人 」をさしています。映像といっても、映画、テレビ、広告、ブライダル、ミュージックビデオ、最近では NETFLIXのようなコンテンツやYoutuber、様々なフィールドがありますが、私の場合は、フィールドを固定せずに扱うテーマを社会課題に限定しています。

「 ソーシャルグッドは、お金になりますか? 」

 以前、セミナーでお話させて頂いた際に、このような質問を頂きました。その時の私は「 今はまだその時期ではないかもしれませんが、徐々に予算がこちら側に傾いてくると思います。 」という回答をさせて頂きました。SDGsは2030年を目標に定められているいくつかのGOALですが、おそらくあと2年もすれば、ソーシャルグドは日常といいますか、当たり前になっていると思われます。だって、SDGsと言われると身近ではありませんが、コンビニからレジ袋が無くなると自分毎化しやすいですよね。溢れたペットボトルも消えていくでしょう。自動販売機はどうなるのでしょうか。

レジ袋の製造メーカーは、これからどうすべきなのか。

 地球での生命の暮らしを優先に考えると、様々な変化を起こさなくてはなりませんが、変化には犠牲がつきものです。そうした現実を目の当たりにした時に、アイデアを提供出来るのであれば、社会から求められる存在になれるのではないでしょうか。レジ袋の製造メーカーが工場の生産ラインを大幅に変更することなく、プロダクトを生み出すとか、考えてみたいですよね。

 人は、新しいことを避けたがる。

 そうなんです。行動は簡単ではないのです。だからこそ、少し先の未来を映像で表現したり、正しいかどうかわからないことを映像で検証してみたり、結果的に誰かのスイッチになれる作品が作れたら、唯一無二の存在になれるのだろうと考えます。果たしてドキュメンタリストは儲かるのか、突き詰めてみたいですね。

 2020年までに演出させて頂いた映像の一部をまとめてみました。3分程度です。よければ、ご覧ください。

以上。

ドキュメンタリストについてのお話でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
ソーシャルグッドなアイデアで、共感をよぶ映像演出を得意としています。これまで手がけた作品は国内はもとより海外広告祭での受賞も多数。最近の取り組みは、社会課題解決の分野で映像の知見を活用すること。Twitterでは寝起きの脳で空模様を謳っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。