新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Q.)習い事、オンラインか対面か。

 アンケートとりました。

自分磨きの習い事《 オンライン or 対面 》どちら派ですか。

 これは意見が割れました。コロナ禍でオンライン派が増えると予想しましたが、教える側がオンラインに不慣れゆえに不満が生じたり、対面で感じていた満足度が著しく低下した、という要因です。はたしてお金の面では。

対面とオンライン、同じ授業料を払えますか。

 この問いに関しては、オンラインは安くして欲しい。という意見が9割以上

 その理由には『 教室の場所代が必要ないのだから、その分安くして 』であったり『 オンラインの方が気軽だから安くして欲しい 』など。とても素直な顧客の声がありました。

 場所代のメリットは事業者にとってかなり大きいですが、本当は対面でやりたいところを、オンラインに置き換えただけのサービスが多く、オンラインの独自性を求めはじめた消費者からすると、オリジナルのサービスの価値すらも魅力が下がってしまった。というのが事実です。

対面では不可能だった事を、提供できるか。

 オンラインは対面の代替えではなく、どちらかを選ぶのでもなく、これから始まる新たな市場という理解で間違いなさそうですね。

 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
ソーシャルグッドなアイデアで、共感をよぶ映像演出を得意としています。これまで手がけた作品は国内はもとより海外広告祭での受賞も多数。最近の取り組みは、社会課題解決の分野で映像の知見を活用すること。