高島太士|ドキュメンタリスト

ソーシャルグッドなアイデアで、共感をよぶ映像演出を得意としています。これまで手がけた作品は国内はもとより海外広告祭での受賞も多数。最近の取り組みは、社会課題解決の分野で映像の知見を活用すること。Twitterでは寝起きの脳で空模様を謳っています。
  • 映像制作のウラ側、話しましょう。

    完成した作品だけでは伝えきれない、制作過程のストーリーをお話しすることで、 作品の見え方が少し変わるかもしれません。 ※Youtubeなどに公開されていない作品もサークル内で限定公開させて頂きます。

    固定された記事

    人は、勇気を出す瞬間が美しい。

    おもに広告の映像演出を長年やってきているわけですが、人間が人間らしくある姿を、より魅力的に記録することに注力してきました。 その中でも、2013年に公開されたこの映…

    お金がなくても、いいモノを創りたい。

    ごくたまに、この言葉を発してる方に会ったりしませんか。  事実、お金(予算)が少ないより潤沢な方がモノをつくる側にとっては気分がいい。でも、お金がたくさんあって…

    Q.)習い事、オンラインか対面か。

    アンケートとりました。 自分磨きの習い事《 オンライン or 対面 》どちら派ですか。  これは意見が割れました。コロナ禍でオンライン派が増えると予想しましたが、教え…

    AIを駆使した動画編集、どこに辿り着く。

    ご存知ない方もおられるかもしれませんが、映像制作の需要が増えることを見込んで、優秀なスタートアップの方々が、AIを駆使した編集サービスを提供してくださっています。…

    ドキュメンタリストは儲かるのか。

    ドキュメンタリストとは、「 広告表現とジャーナリズムのいいところを組み合わせ、社会課題の解決に貢献できるような表現に取り組む人 」をさしています。映像といっても…

    Q.) プログラミングか、映像か。

    アンケートとりました。  プログラミングと映像、子どもに学ばせたいスキルはどちら?  圧勝でした。9割以上がプログラミング。  映像やってるものとしては、ちょっ…