佐藤李青(東京アートポイント計画)

アーツカウンシル東京 プログラムオフィサー。東京アートポイント計画、Tokyo Art Research Lab、Art Support Tohoku-Tokyo(-2020)を担当。近刊は『震災後、地図を片手に歩きはじめる』(アーツカウンシル東京、2021年)。足しびれがち。
アートプロジェクトの現場から
アートプロジェクトの現場から
  • 89本

都内各地で地域NPOとともにアートプロジェクトを展開する「東京アートポイント計画」。各プロジェクトに伴走するアーツカウンシル東京の専門スタッフ「プログラムオフィサー」がそのとき起こったこと、考えたことをお届けします。

続・渦中から:2021年6月21日-
続・渦中から:2021年6月21日-
  • 3本

コロナ禍の日々の記録。平日の仕事を中心に。土日祝は休みます(例外あり)。2020年に初回の緊急事態宣言の最中にはじめた日記はこちら(https://note.com/ap_sato/m/m00773531d1f4)。3回目の緊急事態宣言解除の日から再開。しばらく続けたい。

渦中から:2020年4月21日-11月30日
渦中から:2020年4月21日-11月30日
  • 33本

緊急事態宣言のなかで始めた日々の記録。火曜日から始まる1週間。ステイホームのリモートワーク。仕事と生活のあわい。言えることもあれば言えないこともある。ほぼ1か月前の出来事を振り返ります。

”集えない”時代のアート・アクション
”集えない”時代のアート・アクション
  • 13本

新型コロナウイルス感染症拡大によって、人と人との距離が求められるようになりました。アートプロジェクトは集えない時代にどんなアクションができるのか? 東京アートポイント計画にまつわるアーティストやチーム、プロジェクトの新たな試みをご紹介します。

10年目を歩く、ことばを拾う|2011→2021
10年目を歩く、ことばを拾う|2011→2021
  • 18本

2011年3月11日の東日本大震災から10年目。Art Support Tohoku-Tokyo(東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業)も10年目。その歩みとことばの採集記録。カバー写真は猪苗代湖の「かめ丸」。