見出し画像

英語と‘超常現象’で学ぼう!

あおしまカガヤキ

こんにちは、
超売れっ子作家の
あおしまカガヤキです^ ^
  
  
 
また寒くなりましたね〜。
みなさんも風邪引かないように〜〜。
  
 

今回もこのブログにお越しくださりありがとうございます^_^
 
 
=========================
 

【英語と‘超常現象’で学ぼう!】



2017年に発売された一風変わった英会話教材があります。
  

 
突然ですが、
この英文を訳しなさい。
  

 
I can't get rid of the smell of the blood
no matter how hard I wash my hands.
 

  
 

皆さんはこの英文の訳分かりましたか?
一体どんなことを言っているのでしょうか?
 
 
 
早速ですが
正解は、
 
 

洗っても洗っても手から血の匂いが取れない。
  
 
 
 

えっ?
どんなシチュエーション??

 
 
 
あっ、
忘れていました。
この英会話教材は‘一風変わって’いたのを忘れていました。
ですから何が書かれていても不思議ではない。
 
 
 

というわけで
謎をのこしたまま、
次の問題です。
  
 

 
I need you to call the police AND the military,
because my friend was abducted by aliens.

 
  
 
  
英語が苦手な僕でも、ポリス(警察)やフレンド(友達)の単語くらいは分かりますが、やっぱり訳はできません。 
 
 
 
正解は、 
 

友人が異星人に誘拐されたので、
警察と軍隊を呼んでください。

 
  

 
う〜〜んっと…、
この英文、
一体いつ使うの??
 
 
  
  
こういった「えっ?」と思うような非日常な英会話の例文が集められた英会話教材、
 
 
 
その名も、

「ムー公式 実践・超日常英会話」。



 
タイトルにもある「ムー公式」を見て、
すでにお気づきの方もいるかもしれません。
  
 

 
それもそのはず「UFO・エイリアン」や「陰謀・秘密結社」「心霊・階段」などの
超常現象専門誌ムーがプロデュースしているのです。
  
 
 
 
さきほどの英文のように、海外での旅先で超常現象、国際陰謀、世界の滅亡などに巻き込まれた際に役立つ英会話の例文がシチュエーションごとに紹介されています。
  
 
 
 
僕は学生時代の英語の授業で苦手意識が生まれてしまい、今も尚英語が全く分かりません。
でも、「英会話」と「超常現象」というギャップで、逆に英会話を修得できるかもしれませんね笑


 
 

 
 
というわけで、
今回のまとめです!

 
  

=====================
  人生が輝くポイント!
=====================

ギャップで、
記憶に残そう! 

===================== 

 


最後まで読んでいただき
まことにありがとうございました!!
あおしまカガヤキでした〜\( ˆoˆ )/ヤッタ-!!

 

 
参考・出典:
『ムー公式 実際・超日常英会話』
https://hon.gakken.jp/book/1340658000

この記事が参加している募集

最近の学び

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あおしまカガヤキ
日記。