見出し画像

巨樹の森を創る

 星降る夜、一匹の狸が拾ったどんぐりを地に埋めた。太陽熱と土に育くまれ、長い時を経て新たな萌芽が顔を出した。萌芽は大地に根を張り、蓄えられた養分を吸収しながら光を求めた。光もまた萌芽を包み込むように空へと誘った。萌芽は若木となり大地に水を与え、大地は若木に智慧を贈った。若木は光に導かれるままに幹を太らせ枝を伸ばした。若木はいつしか樹となり果実を宿すようになった。

 果実を得た狸は甘い果肉を齧り、固い種を地に埋めた。大地の揺り籠で温められた種は萌芽となり樹となり、やがてまた別の果実を実らせた。気づけば狸が増えていた。狸たちは果実を齧り種を埋めた。大樹となるものが居れば、萌芽のまま枯れてしまうものも居た。それでも狸たちは種を埋め続けた。樹が増え、時に巨樹となるものが現われた。連理となり、鳥を育むものも現われた。


 ふと顔を上げた狸たちは、鳥の囀りを聞いた。そこはかつて荒涼たる大地だった。地割れに落としたどんぐりが水を呼んだ。樹が水を鍛え上げ、清涼なる泉を創った。溢れる泉はいつしか竜を生んだ。竜は各地を流浪して『海』を見つけた。狸たちは果実だけでなく、竜が持ち帰った魚も食べるようになった。

 そうして狸たちはようやく気付いた。自分達はこの場に生かされている。だから名前を付けることにした。木が沢山集まるその場所は『森』だ。木はあらゆるものを創った賢者。木を生み出したどんぐりを『賢者の石』と呼ぶことにした。それは水を育む種。



 寒い冬が来て、狸たちは姿を消した。樹は葉を落とし、枝が折れた。雷に打たれ地に伏すものもあった。風が土を被せた。やがて樹は割れた大地に取り込まれ、雪に埋もれた。竜は大地を海に還した。海は大地を介抱し、傷を癒やした。時が過ぎて、大地はすっかり見違えった顔を見せ、そこは海辺となった。

 東の空に暁星が灯り、一匹の狸が姿を現した。海辺で拾った流木には黄色い塊が挟まっている。狸が触れると、その木切れから滲み出た黄色い血は発火し熱を帯びた。驚いた狸は慌てて逃げたが、その炎は海と宙の間に生まれる光と同じ色だった。恐る恐る近づいた狸は、その光が己を温めてくれる『太陽』であると知った。熱の衣を纏った光を生み出すその樹木の血塊を『太陽の石』と名付け、流木とともに拾い集めることにした。

 燃ゆる太陽は世界を温め、光をもたらした。


―創世記『暁星』―










「ねえ、琥珀。なんではじめの狸はどんぐりを埋めたの?」

「星がそうしろと言ったからだ」

「じゃあ、狸がこの世界を創ったの?」

「狸とはいわゆる量子のことだ。狸は電波。色々な波長であらゆる糸波に干渉する。ただそこで揺蕩い、じっと己の役割を果たす。その鳴動が空気を伝わり、いずれ音となって耳に馴染む。そうしてあらゆる営みに伝播してゆくのだ」

「だからさ、この世界は誰が創ったの?」

「狸はただ、果実の甘い汁を啜り、種を埋めるだけだ」

「もう! はぐらかさないでよ」

「お前にもいずれ解る時が来る。俺はただ己が視たものを伝えるだけ。それが意伝使の務め。俺の存在意義だ」

この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
蒼翠琥珀(あおみどりこはく)

こんにちは。この縁結びの泉に御縁チョコを投げつけてはいけませんよ。水面に手を入れて、そっと置くのです。そう賽銭箱と同じ要領で。そうすると泉の守り神である蒼い竜が現われ『貴様が置いたのはこの金のコインチョコレートか、それともこちらの銀のコインチョコレートか、それとも……

わたしもスキデス
13
小説を執筆する野良狸のサテライ島野営地。創作活動の源泉(趣味) 【カクヨム】https://kakuyomu.jp/users/aomidori589