春だ大人の修学旅行③

気持ちのいい光が差し込み、目が覚める。
朝ごはんは8時に用意してくれているそう。

ぎりぎりに目覚めて、寝起きで一階に降りる。
美味しそうなにおいに目が覚める。

奈良茶飯。
ほうじ茶で大豆と一緒に炊いたご飯だそう。
私のだいすきな組み合わせ、そのままでぱくぱく食べれてしまう。
お麩の入ったお味噌汁も、
優しい甘さの切り干し大根も、
お漬物や塩昆布も…全部全部朝にちょうどいい。

オーナーさんが話しかけてくれた。
私のnoteを見てくださったそうで…嬉し恥ずかし。アップするの大変遅くなりました。笑

そのあとは、ゆっくりしていいですよというお言葉に甘えてきっちり二度寝しました。

お手洗いに置いてあった奈良ひのきの天然蒸留水のルームスプレーがとてもよかったのでお土産に買いました。枕にシュッとすると落ち着く木の香りがしてお気に入り。

まだお宿を始めて間もないそう。
奈良に行く人には是非おすすめしたい。

そのあとは最寄駅の京終駅へ。

駅構内には、自由に弾いていいグランドピアノがあったり、カフェが併設されていたりと素敵な雰囲気。

カフェ「ハテノミドリ」さん。
インテリアがどタイプだった。

レモンピールが爽やかなチーズケーキと、大和茶ラテ。BGMも心地よかった。

そのあとはならまち散策。

可愛いセキセイさんが窓から見えて思わず入った雑貨屋さん。
パンが焼き立てとのことで、ついメロンパンを買ってしまった。大正解。めちゃ美味しい。
お月様みたい!

もう少し歩くと、奈良の食材を使ったジェラート屋さんが。
古都香いちごと、奈良ピーナッツ。
鹿のクッキーがかわいいね。

恐ろしいことに、商店街を抜けて、よもぎ餅も食べる。フードファイター?
前に奈良来た時も食べたけど、これが美味しいんだ〜10個くらい食べたい。(現実的)

雑貨屋さんを見て回ったり、ひたすらぶらぶらと奈良をお散歩。
良い意味でこじんまりとしていて、奈良の街は好きです。

お昼ご飯は、「珈琲と定食minamo」さん。
前に奈良へ来た時もお昼によりました。
インテリア、器づかい、お料理、どれも大好きなお店です。

奈良も終盤。
修学旅行と言うことで、寄らなくてはいけないところ…それは東大寺!!!

大仏さんにひと目会っておかなければこの修学旅行は終わらない。

奈良の大仏さんはやはり大きい。
そして、あの穴はもう私には窮屈になっていた。成長を感じた。

さて、帰路に着こう。
帰りにみむろの最中によって最後の奈良を満喫。

お土産に柿の葉寿司を買った。
さようなら…さよう…奈良…。

そしてこの日を境に、世の中が急激に大変なことに。まさかこんなことになるとは。

またゆっくりどこかを旅できる日まで。
今はのんびりゆっくり、待つのみです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
旅をするとまたひとつ好きなまちが増える
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。