2019ハロウィン

10月31日を振り返ったり最近の事を綴るエッセイです。



わたしは去年のハロウィンは渋谷で過ごしました。一晩。オールナイト。

なので(転換)今年はハロウィンとしてはかぼちゃを使ったお菓子を家で作るのでオーケーでした。

といいつつ色々とタイミング的に、ゆっくり外出できる日でもあったのでざっくりいうと動物園→映画(JOKER)→かぼちゃチーズケーキという詰めまくった日になりました。

動物園からの映画というのは、しかもJOKERというのは、なぜそんなハードな事になるんだという事ですが、

一つは節約しているために相当映画館で観るべきだという確証がある映画くらいしか最近は足を運ばないという事。

もう一つは動物園まで行く途中で降りる駅に映画館があるのです。正直、JOKERについてのリサーチはほとんどしていなくて数ヶ月前に流行った某アメリカ映画がわたしとしてはほぼ印象に残らないほどだったので期待してしまうのも怖く。勢いと覚悟を持って観た感じです。勿論ハロウィンとは関係ないです。

この文章の結末にオチはないかな。

JOKERについては論文書けるくらいの内容がありました。なのでここでは書けないし書くとマジで論文くらいの量になってその時間を違うことに費やすべきだと思うのでしないと思います。Twitterでちょこちょこ呟いてはいるので気になる方はどうぞ。わたしは、今、生きてて、観れて良かった作品です。と同時に、周りの意見がとても怖いです。アカデミー賞取って十分に考察されて欲しい(半端な批評が一番やばいと思う!)なと思います。なのにJOKERというまやかしであるのがとても真面目に臨床心理などを考える余地も与えないよな!っていう

。。。話しだしたらこうなる映画でかなり語れます。いつかわたしの全力でこの作品を語りたい気もする。


話を戻すと

要は去年の自分の過ごしたハロウィンと今年のハロウィンを比べている文章です。

といいつつもJOKERにすぐにもっていかれていく様を書き留めています。


最近は公の場では言い放てないような感じの体調不良があり、その治りかけを通過したのも10月31日でした。

1年はあっという間でした。わたしは、ここ1年半程の自分全てが自分ではなくて無駄かとも思えるような状態に陥っていました。詳しくは書けないけど、そんなことないと、徐々に認知を元に戻していく、、、そこで自分自身をかなり久々に見返したり、信頼できる人に頼ったり、作品というものの在り方、などをゆっくり考える機会にもなりました。

(あれです、現在大学は祭り終わりでなにも追われるものが無い)


そんな中での

動物園「楽しかったしいい空気吸えた!簡単にスケッチもしたよ」、映画「以下略」、かぼちゃのお菓子「ハロウィン!(JOKERのことは一旦忘れるようにしました)」

そんな10月31日だった事を忘れないように書留です。


病み上がり的な状態ですが、これからまた再始動していきます。

JOKERは今はわたしが色々活動していく中で参考になる部分だけ抽出していき、いつか何らかの形で、できれば批評じゃない形で、語って、プロパガンダとか言ってしまう人たち(一理はある)のその先を伝えたいです。

ちなみにわたしは映画は良し悪しで判断しておらず、間延びだけはかなり嫌だけど間延びしてても涙が出る映画はありました。

JOKERを賛否両論と言ったりしますが良い悪いの尺度で測るものではないかと思います。


またJOKERになっちゃった、、笑


閉めます。

去年ハロウィンを渋谷で過ごしてからこうやって1年が経って、わたしは成長したりそうでなかったりして今年は渋谷に行ってないけどでもあの時からわたしはわたしで変わりないという事です。

どうか、その時を自分らしく過ごせたらかなり幸いなことかな、と。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
作品を作ったり音楽でライブをしたり色々しています。色んなことを書き残したいと思います。詳しいプロフィールはステータスの記事や下のリンクから見てください。 https://linktr.ee/aoka1997
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。