破壊的な多動児を幸せにしよう

23
ADHD車の運転

ADHD車の運転

息子は破壊的な多動児だった。 故に不注意、多動性、衝動性に関しては逃れることは出来ない課題。 幼いころは、ただただ道を歩かせるだけでも、目を離せない程の危なっかしい多動児。 生きているのが奇跡と言っても決して過言ではない。 それほど目まぐるしい動きをする生き者。 そんな多動児は、自転車に乗らしても危なっかしい。 どんだけ『確認!』と声掛けされても左右確認なんて出来るはずもなく。 とにかく威勢よく自転車を乗り回す。 とにかく自分勝手な運転さばきを披露してくれる。

22
コンサータならば必要な時に服用すればいい

コンサータならば必要な時に服用すればいい

うちの息子は破壊的な多動児だった。 その衝動を抑えるために必要不可欠だった薬。 良く聞くのはコンサータ、ストラテラ 毎日の服用が必要なストラテラではなく、 うちは単発の服用でも効果のあるコンサータを利用した。 学校のある時にだけ呑もうかな、というスタンス。 ストラテラのほうが副作用が軽減できるとかで選ぶ方もいるみたい。 でも毎日確実に続けられる自信のある人しか無理だとか…💦 一旦は6年生になった頃に薬を必要としなくなった息子だけど。 その後、中学では部活動に

16
多動症がおさまり始めた多動児

多動症がおさまり始めた多動児

6年生で衝動をコントロール出来るようになった息子は、 普通に登校して 普通に教室で1日学び 普通に友達との交流を深め 普通のコミュニケーションというものを学んでいく。 衝動が抑えられなくて荒れていた頃は、クラスメイトとのトラブルも多かった。 暴言を吐いたり吐かれたり。 暴力を振るったり、振るわれたり。 思うように生きることができない毎日はイライラもマックスだったし 学校も楽しくないし 自分を叱ってくる大人たちは、みんな敵。 そんな日常から一転し 自分自身

14
ADHD多動症なんだから暴れたいなら暴れさせろ

ADHD多動症なんだから暴れたいなら暴れさせろ

多動児の特徴 うちの息子は破壊的な多動児だった。 四六時中、動き回っている人。 そして興奮のスイッチが入れば暴れる人。 ゲームを与えられている時間だけは止まっていられる人。 ざっと説明すれば、そんな人。 高校生になった今ともなれば、さすがに暴れないけれど。 代わりに歌ってるかな。 歌うことで何かを静めている感じ。 我が家では興奮のスイッチをイライラって呼んでいた。 そのイライラは成長と共にコントロール出来るようになるもの。 まだまだ完成形ではないみたいだ

19
多動児の薬 問題 コンサータとか

多動児の薬 問題 コンサータとか

多動を抑える薬の服用 うちの息子は破壊的な多動児だった。 何が問題点かというと、やはり落ち着きがないということ。 しかしそれだけではなく、興奮のスイッチが入ると自分でも行動に歯止めがきかなくなる。 暴れているという表現が一番適切だろうという状態になること。 たとえば自宅でこのような状態になっても特に困りはしない。 困るのは外出先、そして幼稚園や学校。 そのような場所で多動の困った症状が出ると大変だったのだ。 周囲への迷惑を考えると、やはり多動を抑える薬を服用しよ

14