『同姓同名』 下村敦史
見出し画像

『同姓同名』 下村敦史

あお

幼い少女が惨殺された。捕まったのは16歳の少年。マスコミで明らかにされたその少年の名前は大山正紀。世間の注目を集める事件の犯人と同姓同名であることで、それぞれの人生が狂わされたと感じる大山正紀たち―

有名人と同姓同名であることを理由として改名の手続きが行われたという話は聞いたことがある。
それまで何も問題がなかったのに、事件の容疑者や犯人が同姓同名で、突然巻き込まれる人もいるだろう。

自分の思うように人生が進まないときに、何かを理由にしたくて、その原因を同姓同名に求めたことで、今度は自分が新たな被害を生み出していってしまう。名前を検索するだけでその人の情報が次々と見つけ出される、現代だからこそ影響が増幅する面もあるだろう。

ミステリー要素と、個人情報の危険さとが絡み合っていて、最後まで面白く読むことができた。


この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あお
本がすき。おいしいものがすき。