見出し画像

「会社辞めたら好きなことできなくなるよ」っていわれたことがある

会社員を5月末でやめました。
退職にまつわる話で思い出すことは一つ。

上司に言われた言葉です。

「会社辞めたら、好きなことできなくなるよ。」

定期収入をなくして、生活費を稼ぐためにバイトしたりして、結果苦しくて好きなことなんてやってられないでしょ?ということだそうです。
ちなみに、これは親にも似たようなことをいわれました。

確かに定期収入って、ちょっと心が揺らぎました。
お金の心配がないって大きいですよね。
しかし、よくよく考えてみたら、定期収入あっても好きなことできなかった。

だって、休みの日も休日出勤したりして自分の時間がなかった。
深夜に閉店作業する人材がいないから、一人で2時間ぐらい店に行かないといけないから、外食してお酒飲むとかもできなかった。
勤務時間が平均で11時間とか超えてたりもしたし、休憩も法律以下だった。
やりたい日程組もうにも、「休める」ようなシフトではなかった。
人出が足りない、ということもあったし、体力が持たなくて、休日は寝ているだけの日々だった。
洗濯をするために、睡眠時間を削らないといけないなんて、ざらだった。

定期収入があるから、やりたいことができる。
少なくとも私には、現実的なアドバイスではなかった。

ちなみにお金もあんまりたまらなかった。
自炊する体力も、時間もないし、スーパーも行けなくて、コンビニとかで済ませてて、食費だけがどんどんでていった。
料理がストレス解消だ!みたいなタイプであれば変わったかもしれないが、私は料理が嫌いだから、ようやくの休みに嫌いなことをしたいと思えなかった。

だから、たぶん説得しようとして出てきた言葉なのかもしれないけれど、
説得力0。

あとは、「身近な人間のアドバイスをちゃんと聞ければいいのに、遠くの他人より」といわれたりもしました。
でも、身近な人間のほうが親身だ、なんて証拠はどこにもないので、これも説得力がありませんでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
とってもうれしいです!
7
書店員と飲食バイトのダブルワークしてます。/自己啓発とか投資系のアカウントの方とはつながりません。Twitter→@yazumi_aoi