Aoi Hagiwara

中央線育ち、多摩地域で暮らす人。 スミレアオイハウス管理人 マルヒノスタンド店主 デザイン
    • スミレアオイハウス

      • 7本

      1999年に建てられた9坪の小さな家「スミレアオイハウス」が一棟貸の宿に生まれ変わりました。 この家で育ったスミレとアオイが運営しています。 https://www.sahouse.net

「ホテルのフロントの人」になりたかった

小学生の頃は毎夏、母の故郷である広島へ帰省していた。一週間ほどの旅程のうちの半分は母の実家、もう半分は祖父母といっしょに広島プリンスホテルに宿泊するのがお決まり…

1年前

雪の気配

東京で生まれ育ったわたしにとって、雪は特別なものだ。 寝ている間に積もるかも、という夜が明けた朝、母に「雪積もってるよ!」と起こされドキドキしながら障子を開けた…

1年前

スナックの変化を考える

「スナック」とは業種としての「スナック」は、その名の通り「軽食を提供するバー」を指す。 店員と客、客同士がお酒を飲みながら会話をすることが主な内容で、風営法で0時…

2年前

暮らしの記憶

昨年の12月の初めごろ、アパートへと引っ越した。 引っ越しはしたものの、週に1回くらいのペースで、工事の立会いや片付けのためにスミレアオイハウスを訪れている。 とに…

2年前

みんなの丸テーブル

スミレアオイハウスには、後から加えた家具がほとんどない。カウンターも本棚も、デスクもテーブルも椅子も、家をデザインしてくれた小泉誠さんによるものだ。それらの中で…

2年前

初めてスミレアオイハウスへ帰った日

1999年10月。小学校1年生の2学期。 わたしは当時家族で住んでいた阿佐ヶ谷のアパートからバスと電車を乗り継いで、吉祥寺の小学校へ通学していた。 ある朝のこと、母から「…

2年前