見出し画像

3ヵ月毎日ブログを書いていたら、チームが夢を叶えてくれた話。


1, 雨に打たれ、たくさんの光を見た、大学生活


私は、" 大学生活9割 " を 部活に注いでいました。
大学サッカー部のマネージャー です ⚽️

ゴリゴリの体育会だったので、活動は週6、土日は朝から夜までフルタイムで稼働、長期休みは遠征や合宿に帯同し、OFFの日も翌日の準備からSNSの更新まで。今思うと、ほとんど休みなく過ごしていました。

周りからは「最後の自由時間(大学生活)なのに、どうしてマネージャーなんてやってるの…?」って、50回は聞かれたな。笑

画像1


でも私にとっては、初めて "辛さも幸せ" って思えた場所だったんです。

常に本気で戦っている仲間がいて、時には注意しあい、チーム・組織というものを作り上げていく毎日。

たくさんの時間を費やした人にしか見れない景色、たくさん悩んで、ぶつかって、乗り超えたからこそ築き上げられる仲間、そんな何よりも「尊いもの」を、たくさんたくさん教えてもらいました。

2, 悔しさの勢いではじめた "ブログの毎日更新"


4年の夏、マネージャーとして活動できるのも残り半年。

猛暑の中行われた最後の合宿中、サッカーもできない、戦術もわからない、そんな私が "最後にこのチームに残せるものって何なのだろう" って、ずっと考えてました。そのタイミングでチームが「TOPチーム」と「2ndチーム」に分かれることになり、私は 2ndのマネージャーとして活動することに。

そのとき、私の目の前には、目に留まりやすい TOPチームの裏で、泥臭く、ひたむきに、決して諦めることなく戦い続ける選手たち がいたんです。

画像3


そのとき、強く思いました。

選手たちの頑張りを、もっともっと多くの人に届けたい。
ここにいる1人1人の想いを、ここで留まらせておくなんて勿体ない!

そこで、私が みんなの想いを引き出し、言葉に残す ことで、1人1人の頑張りや、普段なかなか言葉にしない "コトバ" を届けよう。そう決めたんです。

3, 気づけば、去年の10倍ブログを書いていた。


その日から、さっそく選手全員(105名)にインタビューを開始。
3ヶ月で、選手・学生スタッフ 全員のインタビュー記事をアップしました!

Screenshot_2020-05-08 神奈川大学サッカー部 - スタッフブログ 2019年アーカイブ


私には「書くこと」「継続力」しかないから、毎日欠かさずブログをUPすることだけを無我夢中で続けていたのですが、気づけば昨年度は「2記事」だったマネージャーブログが、2019年度は「110記事」に。

そして、3ヶ月間、想いを込めて無我夢中で続けた先には、想像を超える未来が待っていたのです。

4. 3ヵ月毎日ブログを書いていたら
チームが夢を叶えてくれた話


マネージャー人生最後の公式戦シーズン。
Twitter・Instagram・ブログでの広報活動が 少しずつ実となり、だんだんと公式戦に足を運んできてくださる方が 増えてきた頃。

2ndチームは、チーム史上初の「全国大会出場」。
TOPチームは、1年で関東リーグに復帰する快挙 を成し遂げてくれました。

画像4


わたしは「サッカー」という形で直接力になることはできないけど、そこで「どうしたら、何だったら、みんなと同じ熱量で取り組めるか」を考え、行動しつづけたおかげで、心から一緒になって喜ぶことができた。

その事実が、何よりもうれしかったです。

画像5

選手たちがくれた言葉。

画像6

選手の親御さんからいただいた言葉。

画像7

チームの監督が送ってくれた言葉。
( 嬉しくて、待ち受けの時点でスクショしてる。笑 )


自分が好きなこと、少しだけ得意なことを毎日続けてみたら、想像を超えるたくさんの人に喜んでもらえた。

遠方に住まれていて、なかなか選手の試合を見に来ることができない親御さんに届いて「えむちゃんのおかげで息子の笑顔を見ることができたよ。」と声をかけていただいたり、「サッカー部のマネージャーの子だよね?ブログ見てるよ!」と、他部活の監督に声をかけていただいたこともありました。


私は、これだけ幸せで、尊い経験をさせてくれた選手たちに恩返しがしたかった。ただそれだけだったのに、それが「誰かのために」なったんです。

" 私の言葉が誰かのためになった " という事実がすごくすごく嬉しくて、
人生で初めて、自分がやってきたことに 少し自信を持つことができました。


5, この時代だからこそ「手書き」に価値が生まれる


そして部活を引退する日、私はチームのみんな1人1人に手紙を書きました。

画像8

画像9


今の時代、SNSが発展して、Twitterに1言つぶやけば世界中に届く時代。実際、SNSのおかげで私のブログを知ってくださった方も沢山いたので、私はSNSに感謝しかないんです!

でも、だからこそ「手書き」 に価値が生まれる。

時間をかけてでも、想いを込めて書く。自分の想いを文に残す。なんでも便利になった世の中だからこそ、こういう本質的な部分に人はハッとされると思うのです。(Instagramも今手書きブームが来ていますよね…!)

だから私は、これからも 大切な人たちの頑張りを、自分の言葉で、自分の手で、1人でも多くの人に届けたい。そう思っています。


これが、私が「書くこと」「続けること」に こだわる理由です。

emu.

この記事が受賞したコンテスト

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
367
想いを「コトバ」に残す場所。社会人1年目、がんばっとります。インフルエンサーネットワーク「LIN」にて、マーケティングのノウハウ発信中 ☺︎ http://note.com/trenders / これまでの私はココに。▶ https://lineblog.me/emuao_/

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 18254本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (7)
読ませていただきました。素晴らしい青春のひとコマ、お裾分けしてもらった感じです。

何物にも変えがたい清清しい日々ですね。ありがとうございます😊
記事読ませていただきました!
一つ一つの言葉がとても刺さり、素敵な方なんだなぁと言うのが伝わってきました。
いい話!ブラボー!
組織の中で集団の中で自分には何もできないんじゃないかと思いがちですが、自分にできることを続けていくことで自分も周りも幸せにできるんだなと感じました。ありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。