見出し画像

写すということ。

皆さんこんにちは。


画像1

これは昨夜、自分のスマホで撮った写真です。
この中には比較するものがないのでなんとも言えませんが、昨日はスーパームーンということで普段より大きく見えました。


皆さんは普段写真を撮りますか?

散歩中にぱっと目についた草花だったり、オシャレなカフェのオシャレな料理だったり、飼っているペットのマヌケ顔だったり、撮るタイミングはたくさんあります。

私はカメラが趣味で、毎日気になったものはちまちまと撮っているんですが最近「写すっていいなぁ」という気持ちが強くなってきたんですよね。

ということで今回は自分なりの「カメラの良さ」について、実際に撮った写真と一緒に紹介していこうと思います。

カメラの良さ

①思い出が残せる

写真はなにかの記念日や日常のちょっとした思い出などを鮮やかに残すことができます。

時間はまき戻せません。
過ぎた時間は、それがどんなに楽しい時間であっても二度とやり直すことができないです。

そして時間は、思い出として心に残っても、としては残らないんですよね。

ですがカメラで写真を撮ることで、思い出を形にすることができます。

最近のカメラは昔に比べて性能が格段に良なっていて、割と誰でも簡単に綺麗な写真が撮れるようになりました。

例えばこんなの。

画像2

これは散歩中にみつけたタンポポの写真です。
今年に入ってから初めて見つけたタンポポだったので、なんだか嬉しくてつい撮ってしまいました。

こんなのもありますよ。

画像3

散歩していたときに一緒に撮ったものです。個人的に雲と青空の割合が最高だな、と思いこちらもパシャリ。澄んだ青が綺麗で、気持ちよさそうだなって思いませんか?

写真は撮り方によって暑い、涼しいといった状況や、撮影者の「感情」「伝えたいこと」を表現することもできます。

②外に出たくなる

どうせ写真を撮るなら、見慣れている家の中よりも新しい発見や思わぬ出会いがある外の方が楽しいですよね。

元々私は、「遊びに行く?嫌だ家でるのめんどくさい…」「ずっとゲームしてたい…」という感じの超インドア派でした。
ですがカメラが趣味になってから、今までのインドア生活が嘘のように今毎週末写真を撮りにでかけるようになりました。

友人から遊びに行かないかと誘われた時なんか、もう前日から「明日は何を撮ろう」とワクワクです。

(大体は友人の写真を撮っています)

③人に喜ばれる

友人を撮った写真をプレゼントしたり、集合写真を撮ったりする時に「カメラが趣味の人」はとても喜ばれます。

何故かというと、普段から写真を撮らない人と比べてカメラが趣味の人は撮影が上手だからです。

自分が主役の、しかもいつもの1.5倍綺麗に写っている写真って貰うと普通に嬉しいですよね?(撮られるのが苦手な人は除く)

特に喜ばれるのは小さい子だと思います。
5歳~小学4年生くらいかな。

カメラを向けると、ほとんどの子が満面の笑みか変顔をしてくれます。

それだけでこちら側は嬉しいんですが、撮った写真を見せるとまず間違いなく喜んでくれるんですよね。
それを見てまわりの人も笑顔になって。

趣味が人に喜ばれるって最高じゃないですか?

画像4

(撮ったものではありません)

写真は気持ちを伝えられる芸術作品

写真は、被写体がどんなものであろうと芸術だと思っています。つまり全ての写真は芸術作品。

詳しいことを言い出せば"シンメトリーの法則"やら"奇数の法則"などたくさんでてくるんですが、私がここで言いたいのは技術的な面ではなくて、撮影者の気持ち的な面です。

簡単に言うと、撮った写真に想いが込もっていれば芸術!ということ。

だから全ての写真は芸術作品なんです。

だって、なんの感情も持たずにシャッターを切る人はいないでしょう?

なにかしらの想いや、気持ちがあって撮っていると思います。

その"なにかしらの想いや気持ち"は、撮り手が思っているよりも見る側には伝わるもので、「美しい」と思って撮れば美しいと感じるし「楽しい」と思って撮れば楽しそうに感じます。

たまに「カメラを始めてみたいんだけど、上手く撮れる自信がない…」といった相談をもらいますが、そういう方には
「コンテストに応募したいとか写真集を出したいとかでなければ、まずは自分の撮りたいものを撮りたいように撮るのが1番大事!」
と伝えるようにしています。

上手く撮りたい!という気持ちは分かるんですが、正直それは練習すればいくらでも上手くなるし、機材を変えるだけでも上手いように見えたりします。

あくまで趣味としてカメラを楽しみたい人は、本質はそこではなくて「写真に込める想い」を意識するようにした方がいいと思います。

画像5


カメラは突き詰めれば詰めるほど奥が深いものです。
この記事を読んで、少しでも興味を持っていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
それではまた。










この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
明日は美味しいココアが飲みたい
17
中学生ライター。 エビと珈琲とかわうそが好きです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。