Anyflow | プロダクトアップデート

23
【アップデート】ワークフローの権限をグループごとに行えるようになりました

【アップデート】ワークフローの権限をグループごとに行えるようになりました

みなさまこんにちは、SaaSを繋ぐ業務自動化iPaaS・Anyflowの中の人です。 今回は、Anyflowでの権限管理機能がアップデートされました。 該当のメンバーのみを招待したグループを作成することが可能に🎉 👆Anyflowの組織内でグループを作成 👆グループに該当のメンバーを招待することが可能になりました。 そして、グループは左上の画面から切り替えることができます。 本アップデートにより、セキュリティ性が向上し、情報統制がしやすくなります。 例えば、給与の

2
Zoomとの連携でオンライン商談に関する業務を自動化!インサイドセールス向けレシピ

Zoomとの連携でオンライン商談に関する業務を自動化!インサイドセールス向けレシピ

みなさまこんにちは、SaaSを繋ぐ業務自動化iPaaS・Anyflowです。 Anyflowでは、Zoom連携の開始と同時に、オンライン商談に関する業務を自動化するインサイドセールス向けレシピをリリース致します。 Salesforceの商談作成からZoomリンクをメールで自動送付 コロナを機に、テレワークを導入した企業が増えています。 東京都を対象とした調査によれば、2020年6月末時点でのテレワーク導入率は約58%となっており、令和元年度の導入率と比較すると2.3倍に

5
Salesforceのレポートを定期的にSlackに通知連携!チーム数字達成の意識向上へ📊

Salesforceのレポートを定期的にSlackに通知連携!チーム数字達成の意識向上へ📊

みなさまこんにちは、SaaSを繋ぐ業務自動化iPaaS・Anyflowの中の人です。 今週は、Salesforceのレポートを定期的にSlackに通知させる機能の紹介です。 Salesforceのレポートを定期的にSlackに通知連携 メンバーに数字意識を持ってもらうため、「マネージャーがSalesforceにログインしてレポートをコピペしてSlackに添付」したり、「Salesforceのアカウントを持っていない人にレポートを共有するために、スクショをとったりしている

2
クラウドサインの書類が締結されたら、自動的にPDFをGoogleDriveにアップロードする📄

クラウドサインの書類が締結されたら、自動的にPDFをGoogleDriveにアップロードする📄

みなさまこんにちは、Anyflowの中の人です。 今週はクラウドサインとGoogleDriveを連携して、自動的に締結したらPDFファイルをGoogleDriveにアップロードする機能の紹介です。 クラウドサインで書類を締結したら、自動的にPDFをGoogleDriveにアップロードする リモートワークが活発になり、紙で契約を締結するのではなく、クラウドサイン等の電子契約サービスを使う会社が増加しました。 クラウドサインの導入企業は10万社を突破したそうです🔥 電子

2
クラウドサインの書類が締結されたら、書類の解約通知期限をGoogleカレンダーに登録する🕑

クラウドサインの書類が締結されたら、書類の解約通知期限をGoogleカレンダーに登録する🕑

みなさまこんにちは、Anyflowの中の人です。 今週はクラウドサインの連携強化のお知らせです。 クラウドサインの書類が締結されたら、書類の解約通知期限をGoogleカレンダーに登録する 「あれ、この書類の解約通知期限って昨日だったの!?」といったことを経験した方はいらっしゃらないでしょうか。 なかなか覚えてられないですよね..。 今回のアップデートは、クラウドサインで締結した書類の解約通知期限を、Googleカレンダーの予定として登録することで、期限を忘れなくするよう

2
クラウドサインで申込書を締結したら、自動的にSalesforceの活動を記録する📝

クラウドサインで申込書を締結したら、自動的にSalesforceの活動を記録する📝

みなさまこんにちは、Anyflowの中の人です。 今週も、先週に引き続きSalesforce のアップデート情報です。 Salesforceの商談の活動記録を自動的に残す この度、AnyflowでSalesforceの活動の記録をかんたんに作成できるアクションをリリースしました。 上記のワークフローでは、クラウドサインで申込書が締結されたら、商談の活動に「申込書を送付」という記録を残すというワークフローです。 このワークフローを設定しておけば、フェーズ以外にも活動を記

3
ノーコードでSalesforceのToDoを自動的に作成し、お客さんを手厚くフォロー📝

ノーコードでSalesforceのToDoを自動的に作成し、お客さんを手厚くフォロー📝

みなさまこんにちは、Anyflowの中の人です。 今週は、Salesforce のアップデート情報です。 SalesforceのToDoを様々な条件で自動的に作成 この度、AnyflowでSalesforceのToDoがかんたんに作成できるアクションをリリースしました。 上記のワークフローでは、Salesforceの商談フェーズが「申込書送付依頼」になったら、期限を1日後に設定したToDoを自動的に作成するというものです。 このワークフローを設定しておけば、申込書送付

3
Anyflowから更にG Suiteが使いやすくなりました📈

Anyflowから更にG Suiteが使いやすくなりました📈

みなさまこんにちは、Anyflowの中の人です。 今週は大人気のG Suiteのアップデート情報です。 スプレッドシートの列書き込み以外に、行書き込みに対応しました 従来まで、列の書き込みは対応してましたが、行の書き込みに対応していなかったため、若干トリッキーな使い方が必要でした。 今回のアップデートにより、行の書き込みに対応したので、より直感的にスプレッドシートを操作することが可能になりました。 ユースケース - Salesforceのデータから、自動的にスプレッ

8
KING OF TIMEの勤怠漏れの修正をSlackで毎週自動的にお願いする🕑

KING OF TIMEの勤怠漏れの修正をSlackで毎週自動的にお願いする🕑

みなさまこんにちは、Anyflowの中の人です。 今週は人事や労務担当の方に必見のアップデートです🔥 KING OF TIMEの勤怠漏れの修正をSlackで毎週自動的にお願いする 毎月勤怠を締める際に、「AさんとBさんまた入力していない・・、連絡しなきゃ」という担当者の方は多いのではないでしょうか・・😂 Anyflowを使うと、指定した時間(毎日、毎週、毎月)に自動で勤怠のエラーを検索して、Slackに通知をすることが可能です。 👇 こんな通知が勤怠の打刻漏れの通知が

2
Salesforceのリードが入ったきたら、Slack上でステータスを更新するSlackBotをノーコードで作る💪

Salesforceのリードが入ったきたら、Slack上でステータスを更新するSlackBotをノーコードで作る💪

みなさまこんにちは、Anyflowの中の人です。 7月21日の日経産業新聞の一面に掲載されるほど注目を集める「ノーコード」👇 Anyflowもノーコードで業務の自動化を実現できるプロダクトですが、今回はSlackBotをかんたんに作れるアップデートがされました🔥 Salesforceのリードが入ったきたら、Slack上でSalesforceのステータスを更新 リードが入ってきてから5分以内に架電をする場合と、10分以内に架電した場合では5分以内に架電したほうが4倍も見

7