【好奇心を目覚めさせる】

安田です。


どんな人にも
好奇心があって

好奇心は何歳であっても
目覚めさせることができます。

好奇心というのは
ワクワクすることであり

ワクワク感じることで
新しいことに挑戦することが
できるようになります。

時代の変化が
早いので

その変化に合わせるには
新しいことに挑戦できる
好奇心の土台が必要なのです。

子供の頃は
好奇心が旺盛なので

色々なことに
興味関心を持ち

常に新しい刺激を
求めていくのですが

大人になると
好奇心よりも
頭で考えてしまい

考えて完結させて
しまうのです。

どんなことでも
やってみないと
分からないのですが

やる前に考えてしまい
やってもいないのに
完結してしまうのです。

好奇心を目覚めさせるには
「まず実行する」という意識から

好奇心を目覚めさせることが
できるのです。

そして
実行を習慣にすることで
好奇心を強化させることが
できるようになります。

大人になると
あれこれ考えることが
できるので

考えている割には
実行していないのです。

考えている時間というのは
何も前に進めないのです。

何も実行していないのであれば
1ミリも前には進んでいません。

なので
考えている時間が
最も無駄なのです。

好奇心を目覚めさせることで
年齢に関係なく
新しいことに挑戦が
できるようになります。

新しいことを学び
新しいことを実行して

そして、新しい価値を
生み出すこともできるのです。

好奇心があると
何歳であっても
若い気でいられるのです。

今は時代の恩恵で
年齢の感覚が
鈍っています。

何歳が若くて
何歳からが年寄りなのかが
鈍っているので

何歳であっても
新しいことに
挑戦できるのです。

可能性というのは
好奇心が土台になります。

好奇心があれば
挑戦ができるので

可能性が大きく
なっていくのです。

今は生涯学習時代であり
生涯現役時代なので

生涯、挑戦を続けることが
できる時代なのです

挑戦を続けることで
いつまでも若い気で
いられながら
成長ができるのです。

元々のある好奇心を
目覚めさせることで

常にワクワク感をもって
歩むことができるので

目の前のことに
投入することができ

新しい創造が
できるようになります。

創造力の土台には
好奇心があります。

創造というのは
「何かをつくらないといけない」
という義務感ではできません。

「こんなものをつくってみたい」
という気持ちから

新しい創造が
できるのです。

頭で創造するのではなく
心の中にあるのを
生み出すのが創造なのです。

好奇心を目覚めさせることで
感性が出てくるので

その感性から
新しい創造が
できるようになります。


今回も読んで頂きましてありがとうございました。

安田 悌

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
1974年生 神奈川県出身 創造力発揮コーチ。    過去10年以上、心理学を始め、究極の自己啓発を学び、瞑想を通してのスピリチュアルからの創造力発揮の研究をしてきました。自己啓発から創造力発揮の道を切り開いていくことを教えています。