見出し画像

オンラインあそボドゲが、「オンラインでのボードゲーム会」への期待を超えてきた

柚井ゆい(Twitter:@yui___talk)主催のオンラインボードゲーム会に参加した感想。
友人達と通話しながらボドゲを遊んだことはあったけど、配信者が主催するオンライン会は一段上をいっていた。
テキストで流れてくるコメントを適宜拾いながらトークを進める力」って、満足度をダイレクトに増すね……!

あそボドゲとは

ボードゲームインフルエンサー(になりたい)ゆいゆいが定期的に開催しているボードゲーム会。
(ほぼ)毎週火曜日、ボードゲームカフェやレンタルスペースで実施されている。
ゆいゆいのボドゲに対する熱量がすごいので、参加者がそれにガンガン巻き込まれてわーい!みんな楽しー!!ってなる会。

そのときの参加者やテーマに合わせて、1プレイ5~10分の軽いゲームを多種類遊ぶ回や、ひたすら大喜利回、正体隠匿系縛り、1プレイ1時間程度の中量級をがっつり遊ぶ回など、多様な系統のゲームが遊べる。

ゆいゆいがルールやちょっとした戦略のコツを丁寧に教えてもらえるので、初心者も中級者もわいわいできる。楽しむことを重視したゆるい空気感が良き。
中でも私は、元アイドル主催ならではのチェキを使った頭が悪いゲームをする回が好き。

オンラインあそボドゲに初挑戦

今回は世情を鑑み、WEB会議ツール「ZOOM」を使用してのオンライン開催に初挑戦。
アプリのダウンロードとアカウント作成だけ先に済ませておけば、あとは知らされたURLにアクセスするだけで簡単に参加できた。
色んなオンライン会話ツールがあるけど、ZOOMは主な機能がメニューバーに並んでいて操作が分かりやすい。はじめてZOOMを使う人達も接続してから使い慣れるまで5分もかからなかったくらい。

参加形態はボイスチャット組とテキストチャット組が半々。あそボドゲ初参加者もいれば、九州からの参加者も!
「あそボドゲに参加してみたい」とずっと言っていた遠方のファンと、距離を越えて一緒に参加できたのは嬉しかったなー。

実際の画面はこんな感じ。

参加者のアクが強い……なんか一人回ってるし。(※実物は本人の証明写真が回っていた)

ちなみに、今回の参加費支払い方法はゆいゆいのライブ配信へのギフト投げ(もしくはアマギフ)であった。さすがは配信モンスター。

参加者は紙とペンさえあればOK

今回遊んだゲームはこちら。
 ・ボブジテン
 ・エクストリーム
 ・マネージャガ
 ・ジャストワン
 ・我流功夫極めロード

ボブジテンは出題者を一人に固定する等の工夫はあったけど、GMの手元にゲームがあればおおむね違和感なく遊べた印象。
今回はエクストリームを遊ぶために紙とペンを用意。参加者の中にはスマホのメモやPC上のお絵描きソフトで対応していた人も。手軽で良いね。

ジャストワン我流功夫極めロードは全員がチャットで遊びつつ、声でガヤ入れられるのが楽しかったなー。

我流功夫極めロードをプレイ中のチャット画面。

聖超双拳美茶(セイントスーパーそーげんびちゃ)!!!!!(好き)

やってみての感想

4時間があっという間! 距離を越えて遊べるっていうのは遠方の人はもちろん、都内住みの私にとっても終電を気にする必要が無くてよかったなー。
紙とペン(と発想力)さえあれば簡単に参加できるし、参加者全員がボードゲームアリーナに登録しておけるとできることが広がりそうで期待感マシマシ。

あとは冒頭で少し触れたけれど、配信を活動基盤に持つゆいゆいが主催するオンライン会という強みがすごい。
「いつもあの配信アプリで見ているゆいゆいと、自分の声でリアルタイムに通話ができている」という不思議な感覚。これがね、とても良い。配信者のオタクはぜひ体験してみてほしい。
加えて、配信で「コメントを読み上げながらトークを進める」ことにゆいゆいが長けていて、参加者側もおおよそ普段から配信を見ながらテキストでコメントをすることに慣れているので、テキスト組とボイス組の壁をまったく感じずに遊び続けられた。むしろチャット欄がメインの遊び場ではというレベル。
うんちうんち言ってる荒らしもいた(※主催者です)

これはひどい。

次回開催予定

オンラインあそボドゲはまた開催される予定とのことなので、
興味を持った方は主催の柚井ゆいTwitter(@yui___talk)告知アカウント(@yui___kokuti)をチェックしてみてください。

会としての形式ではないけど、ゆいゆいの配信の中でリスナーとボードゲームを遊ぶことや、Youtubeチャンネルで今後ボドゲの紹介をすることもあるので、そちらもぜひ。
 -SHOWROOM「ユイトーーーク!?」
 -ポコチャ
 -Youtube「柚井ゆいチャンネル」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。