だから、人生って面白い
見出し画像

だから、人生って面白い

画像1

 想像力の余地。
 その気持ちがあるだけで、どれほど世界が美しくなるか。16歳の私が見つけた、アン・シャーリーの言葉に幾つも散りばめられた自分の世界を輝かせるヒント。
 私が赤毛のアンに出逢ったのは、という、いかにもらしく語り始めるためには、16歳を通り越して9歳まで遡らなくちゃいけない。何故って、私が初めて赤毛のアンに出逢った時、アンは文ではなく絵で語りかけてきたのだから。あのキャンディ・キャンディで有名ないがらしゆみこ先生が描いた赤毛のアンの漫画が小学校の図書室に置いてあって、いつも借りるものといえば料理本か伝記(それも漫画)だった私は、必然的にそれを手に取ることになった。漫画は、赤毛のアンが3巻と、アンの青春、愛情、と並んでいて、そのどれもを何度も読み返したのが印象深く残っている。あのキラキラした瞳のギルバート・ブライスに、9歳の私はどれだけときめいたか。アンの愛情のラストで描かれるキスシーンが忘れられない(後に私はこの漫画をネットで購入する)。
 優しいタッチで描かれたアンは、漫画大好き少女の私の胸を躍らせるのに十分だった。けれど当時は小説を読むまでには至らず、その後16になるまでほとんど思い出すこともなく、アンは私の胸の中にしまわれていた(こそこそ)。
 それがどうしたものか、高校に入ると私は突然読書に目覚め、中でも翻訳本に心奪われるようになる。そこで再び、赤毛のアンと再会したのだ。
 「そういえばあの絵、可愛かったなあ」半ば懐かしさから手にとった一冊。アンはシリーズもので、すべて読もうとすると分厚い文庫本10冊はあったのだけれど、手に取ることに何の躊躇いもなかった。
 冒頭は想像通り。何度も読んだあの絵が頭の中で浮かび上がった。けれどページをめくればめくるほど、私の想像を遥かに超えた新たな「アン」が表れ、私はあっという間に赤毛のアンの世界に引き込まれてしまった。どうして、どうして、こんなに面白いの!すぐさま続きを購入。
 何故、こんなにもアンに心惹かれたのか。それは漫画では描かれなかったキラキラ輝くアン・シャーリーが文庫本の中でぴょんぴょん飛び跳ねていたから。それはもうわかりやすく、私にメッセージを送っていた。制服を来て、日々想像力の余地なんてない世界で生きていた私(16歳でこうも青春と離れたところにいた私って…)にとって、アンのおしゃべりな口と、世界を美しくする言葉は、心を弾ませる一種の魔法だった。


「どんなことでもその気になりさえすれば楽しめるものだって、今までの経験から分かっているのよ」

 孤児院に送り返されることになった朝、アンがマリラに言った言葉。アンは、どうせなら目いっぱい楽しんでやろう!と心に決めたのだ。アンの前向きな思いは、マリラの心を動かすには十分だった。グリーンゲイブルズに身を置くことになったあとも、アンは様々な場面で、平凡で、時に辛く、時に美しい毎日を、自らキラキラと輝かせていた。
「想像力の広がる余地がいっぱいよ!」「なにも期待しないより、期待して失望したほうが、遥かにましよ」「今日のわたしは、会った人を片っ端から好きになってしまいそうな気分よ」
 足が折れた時もアンは「わたしが想像力に恵まれていてよかったと思わない? 動けないあいだ、ずいぶん助かるんじゃないかしら。想像力がない人が骨を折ったらどうするのかしらね、マリラ?」って。どれだけ前向きなんだろう、この子と、読んでいて思わず笑みがこぼれてしまって。
 自然に対するアンの感じ方。間違いは素直に反省し、自分の心のままに進んでいく。アンに出逢ってから、私は世界が前より少し、煌めいて見えるようになった。
 季節の匂いが前よりわかるようになったし、ご飯はさらに美味しく、家族との会話も人生を輝かせる大切な一時であるということを知った。当たり前の毎日が「今日はいつもよりずっと素敵!」と思うだけで、どれだけ新鮮になることか。
 失敗をしても「明日という日がまだなんの失敗もしていない新しい日だと思うと、ほっとするわね」と、アンの心はすでに明日へ向かっている。赤毛のアンを読み返す度、私はアンに励まされ、安心して眠りにつくことができた。
 たった一人の、どこにでも居そうな女の子が教えてくれた想像力の余地。
 だから今日も、心の中にいるアンとこっそり会話をしながら、まだなんの失敗もない、新しい一日を始める。
「ひとつ達成すると、その先のもっと高いところに、また別の望みが輝いているの。だから人生っておもしろいのね」
 そう、だから、人生っておもしろい。

2012年 第一回パブーエッセイコンテスト大賞作品(別名義)

この記事が参加している募集

人生を変えた一冊

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
月江 杏/つきえあん

よろしければサポートして頂けると嬉しいです( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )これからも良い作品を作っていけるよう頑張ります。

わ~!ありがとうございます!
東京都在住  マンガ、イラスト、執筆活動。 大切な人、時間、想いをカタチに。 https://lit.link/anne13moon