見出し画像

ユーザーからアニメクリエイターへの「ダイレクト課金」を実現したい

おはようございます。

寒い日は、エアコンをつけずに家でもダウンジャケットを着る
アニメ演出家 おうしと申します。

( #貧乏学生時代から抜けない哀しい習慣 )


このnoteでは、
アニメの未来についての僕の考え』とそれに対する『僕のアクション
アニメクリエイターに役立つ情報・思考法』などを書いています。


本日の記事のカテゴリは『#アニメの未来 』です。

テーマは「ユーザーと直接クリエイターを結びつけるには」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ デジタルアート所有権
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年くらいから、ブロックチェーンという技術を使って
「クリエイターに利益を還元する」という動きが見え始めています。

活発になり始めているのが「Anigue(アニーク)」

いわゆる「版権画」と呼ばれる一点ものの絵の所有権を保証して、デジタルだけど唯一無二の価値を持たせる『デジタルアート所有権』

“保証する”ために「ブロックチェーン」が有効なんですね。

ブロックチェーンっていうと、仮想通貨のイメージがもれなくついてくるので、
めちゃめちゃウサン臭いと思われるかもしれませんが、(昔は僕も思ってました)
ブロックチェーンの技術自体はけっこうすごいものなんです。

詳しくはオリラジ中田先生の授業を。僕よりずっとわかりやすく説明してくれています。


「Anique」に話を戻します。

この所有権を持つことによって、オーナーしか得られない付加価値サービスを受けられるようです。

つまり、飛行機でいうところの“ファーストクラスの特別体験“ですね。

そして、この所有権を他の人に売却したときの利益の一部が「著作権者」に還元されます。オーナーは、売却後もブロックチェーンにより元オーナーとしてその名前が残り続けます。

noteでもジャーナリストの数土直志さんがこの辺の仕組みをわかりやすく紹介してくれています。※攻殻機動隊ファンとしては、最後の一文にグッときます(笑)

「Anique」について、周りでは否定的な声も聞きますが、僕はけっこう好意的に受けとめています。

ただ、一つ「超えられていない壁」があると思っています

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 利益の還元先は“著作権者”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

“著作権者”、ほとんどの場合「原作者」と「製作委員会」ですね。

つまり、「絵を描いたアニメクリエイター本人」にダイレクトには還元されないんです。※デジタルアートを原作者が描いている場合を除きます。

クリエイター本人に還元されるかは、製作委員会の(多くの場合、アニメ製作会社)裁量によるんですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 理想はあくまで“ダイレクト課金”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

僕の理想はあくまで「ユーザー」から「クリエイター」への
“ダイレクト課金”
です。

ブロックチェーンのような、非中央集権的で改ざんができない特徴を持った技術を使えば実現できるんじゃないかなぁ、、、と、ここしばらく考えているところです。

“ブロックチェーン”はあくまで手段に過ぎないので、そこに固執せずにアニメクリエイターが幸せになれる方法をこれからも探っていきたいと思います。

この記事が皆さんにとって少しでもアニメについて考えるきっかけになってくれたら嬉しいです。

今後もアニメの未来についての考えとアクション、アニメクリエイターのための情報などを書いていきたいと思います。


現場からは以上ですー!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

みなさまのちょっとしたお気持ちが🐮にとっては大きな支えになっています。本当にありがとうございます。

すごく嬉しいです!ありがとうございました🐮
5
アニメクリエイターさん向けの情報メディアです。#おうしノート 自分で実践して役に立った情報や思考法を同じアニメ業界で懸命に頑張っているみなさんに共有したいと思っています。普段は演出をしています。業界外の方もぜひ。
コメント (2)
僕は、アニメオタクです。
この記事を読んで、是非とも実現してほしいと思いました。
ある記事では、グッズを買ってもアニメーターやなどにはお金は届かないっていうことも書いてありました。
クリエイター陣にお金を払いたいっていう人は結構いると思います。
個人的な考えで、子どもたちに将来この職業に就いたらどれだけお金が稼ぐことが出来るのかっていうイメージを持たせることってめっちゃ大事だと思います。
例えば、プロ野球選手だとドラフト1位で年俸1500万+1億っていうのが大体で、下位指名や育成で入ったとしても結果を出せば〜億円というところまでいけるっていう所が明確なのが良いと思います。
アニメーターなどのアニメ関係者でも、年俸が1000万貰ってる人が出てくると、目標にもなるし、何より将来に希望が持てると思います。
もちろん、労働環境の整備も大事です。
20歳の若造が生意気言ってすいません。
応援してます。


F.Kふーみんさん
コメントありがとうございます!

ご指摘のように、子どもにわかりやすい夢を持たせるのって大事ですよね。僕も子供の時は野球選手になって1億円プレーヤーになるのが目標でした。。
数は少ないですが、1000万ぐらいの人もいます。ただ、トップの人でそれぐらいと考えると、やはりメジャーなプロスポーツや他のエンタメ系クリエイターに較べると少ないと言わざるを得ないです。
お金のことでアニメ業界に入るのを辞めた人もたくさんいると思うので、その分アニメの可能性を狭めてしまっているのって本当にもったいないと思います。
がんばります!

※あと、年齢はお気になさらず!今の時代は、どれだけ考えてそれを行動に移しているかで人間力の差が圧倒的に開いていくので。若い人でも尊敬できる人がいっぱいいます。逆に思考停止して全く成長しないまま年齢だけ重ねている人も、少なからずいます。。(僕も昔は思考停止して仕事していた時期があり、後悔しています)

引き続きよろしくお願いします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。