見出し画像

動物園を盛り上げたい

いつから動物が好きなんだろう。
2歳くらいの時の育児記録にはすでに
動物に興味があると記入されていた。

本当に自分でもわからないくらい小さな時から動物が好きだった。
何が好きかって、
人間以外に動く物体がすぐそばにいて

そいつらは見た目も、考え方も、行動も違い過ぎる。
当たり前に不思議とか興味が湧いていた。
ちなみに植物にはあまり興味ないw
あるとしたら、動く植物。
徹底的に動的な刺激に興味が湧いている。

まぁ、自ずと動物の飼育にも興味が抜群にあった。
ペットとして飼育したのは、
たこ。イヌ。ウサギ。ハムスター。モルモット。プレーリードッグ。フクロモモンガ。ハリネズミ。ニジイロクワガタ。フトアゴヒゲトカゲ。ヒョウモントカゲモドキ。エボシカメレオン。キスイガメ。ミシシッピアカミミガメ。ミシシッピニオイガメ。ヒガシヘルマンリクガメ。

もちろん現在進行形で飼育しているものも多数いる。

好きとビジネスを組み合わせて大学3年の後半からブリーダーとして実際に繁殖した生き物を販売したりもしていた。
その時はコスト削減でどのようにすれば利益が高まるか。
どの個体同士を交尾させたら遺伝的にレアな品種を生み出せるか。
今思えば少しゲスいこともしていたなぁ。

大学に入るときには『生物博士になりたい!』という小学生みたいな夢を信じて生物学科に入学した。
実際にハムシという昆虫の生態についてゴリゴリ研究してた。
そして、大学院は屋久島のシカの研究をさらーっとした。
紆余曲折ありそんなこんなで社会人になった。

そして、今も動物が大好き。
週末や仕事終わりはどっぷり動物関係のことばかりしてる。

昔はあまり行かなかったが、社会人になってなおさら動物園に行くことが多くなった。
根本的に好きなことでリラックス、ストレス発散したくなってるのかもしれない。
動物園では動物の写真を撮ったり、動画撮ったり、ぼーと眺めたり。

動物園に行く度に思う。
もっともっと動物の面白さ伝わってもいいんじゃない?
『あ、あそこにゾウ居るよ』
『見て、めっちゃ可愛い』
それもいいんやけどぉ。

なんか動物から気付き得たり、
その動物の真の面白さ知ってってよ。
そんな心の声を抑えてオリの前でぼーっと動物達を眺めてます。
動物の魅力を面白さを知ってるから伝えたい。
旨い店を紹介したい感覚に近いのかもしれない。

動物園でいきなり
『この動物はですね‥』
とか語り出す勘違いお兄さんにはなりたくない。
ただ聞かれたらめっちゃ答えたい。

小声で
『ゾウって常につま先立ちしてて、モデルみたいに歩いてるんですよー。』
って伝えたいw

そんなフラストレーションを抱えてるからこそ
『動物園をめっちゃ盛り上げたい』
なぁ、なんか将来やりたいなぁ。って思っている。

動物園じゃない。動物達の魅力を1mmでも多く伝えたい。

動物園飼育員の方や動物園の園長さん。
何もしてないわけない、これまでも動物達の魅力が伝わるように行動展示の工夫とか施設の整備とかたくさん努力してる。
それは色々な本、ドラマ、映画のなかでも著されてるし。

実際の動物園に行っても手書きのパンフレットとかポスター、骨の模型。
いろんなところに工夫がある。

だが、皆んなそんなに見てない。

これほど残念なことはない。
努力と来園者のニーズがマッチしてない。

期待値とも言えるかもしれない。
来園者は動物園に明確な目的では来ない。そもそもそこまで期待値が高くない。

嫌だが、行くとこないから行くくらいでもある。

動物園は所詮そんなもんです。

僕はめっちゃめちゃ嫌です。もったいない。
本当はめちゃ面白いのに。もぉ。

シンプルに動物園、というか動物の魅力伝えたいよね。
なんか大きな革命を仕掛けたい。
日々画策しながら生きてます。

早速、今年からYouTube始めましたよ。登録者数とかあるかもだけどまぁそんなことより

「動物の魅力を伝えたい。」その一心。


Twitterも。飽き性で3日坊主の私が
毎日動物の生態について呟いていますw

言うだけなら誰でもできる。
批判もすぐにできる。

やるなら行動から、したいなら好きなら行動に出る。
動物の魅力が1mmでも伝わるようにがんばります!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
採用管理SaaSサービスの法人営業として奮闘してます。今後はSales enablement分野が専門になります。自身の営業ノウハウの体系化を含め記事を更新していきます。大学院までは動物の生態学の研究をしており、プライベートはその面白さを広げられる活動をしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。