安藤 徹

写真を撮る人 | andotoru.com

2020年の夏

2020年の夏は沢山写真を撮りました。 暑いのは苦手なので、夏は出来るだけ外に出たくないのだけど、今年の夏は沢山撮りました。 照りつける強い日差しを睨みつける勢いでし…

潜行

目に見えている世界と、心の内側にあるイメージの世界。目に見えている世界を現実とするなら、僕はイメージの世界の扉を開けてしまった。 創作の世界への扉。今まで当たり…

構想段階

ものを作るのを再開しています。カメラを持って外へ出かけました。頭が内側から外側へ向かって回り始めました。これまでやってきた事をこれからも当たり前にやります。淡々…

夜明け前

次の休日はあれをしよう、これをしようと考え始めた。日常が再び帰ってきた。人生が回り始めた感じがある。人生の時間はこれまで一度も止まったことは無かったし、今もそう…

日常の再生

いい時間を過ごして一日が終わる。よい。全てはこれでよい。県外の被写体さんを撮れる日が来た時、溜まったエネルギーはどう放出されるのか。今から興味深いのである。そん…

現実を見ていない

現実に目を向けているようで、別の場所を見ている。昨日通った道を歩いているようで、全く別の道を通っている。目の前の人に話しかけているようで、遠くの誰かに話している…